Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2017 - 10  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

夢発見ワークショップ
 恵庭青年会議所 4月例会 「夢育みプロジェクト」に参加して来ました



 パネルディスカッション方式で
パネラーは NPO法人キーパーソン21代表 朝山あつこ氏・島松小学校校長・島松小学校PTA副会長・恵庭青年会議所理事長
コーディネーターは(ここが一番大事なところです、パネルディスカッションを生かすのも殺すのもコーディネーター次第です)恵庭青年会議所「心に残るふるさと創造委員会委員長でした
本筋から逸れず、パネラーに考えている事を自由に話させる事が、難しいけれども大事な所です
とてもうまく上手にいっていました

  「子どもたちの笑顔があふれる恵庭」
にするために、地域の大人が出来ること、について深めていった話題でした
子供たちの成長過程の変化と、社会的背景の変化とがマッチングしていないのではないか?
この様な事では、何かの環境が整備されてこないと
「反社会的」「反道徳的」な人間が増加し、そうして育った子供が大人となり子供ができ、その様な事が正常であると言う価値観になってしまうのではないか
なにか意図的に変化をさせて行く必要があるのではないか
と導き出されました

 子供が3人の大人と出合って、より成長する
一人目が「親」
二人目が「学校・クラブ等」
三人目が「地域の大人」



 その三人目に私達はなりたいし、子供たちの為に地域の大人達をより巻き込みたい
との訴えと理解しました

 その第二段として、夢発見ワークショップ「夢教室」を 9月に島松小学校と若草小学校で開講するそうです
子供たちは「本物にとても敏感」そして「憧れ」を持っている
プロサッカー選手が人間としての、人生を語るそうです

 地域に於ける連帯感の欠如と人間関係の気薄さに、若者達が警鐘をならしてくれたのであろうと感じました
私、町内会長をやっていて、特に感じており、改めて人間的に温かみのある町内会にするべく努力したいと自分に誓いました

 さてこの三人の大人の中に、行政はどの様に係わるべきなのか
ハードの部分は理解できるが、ソフトの部分はハタシテ?
市民協働と言う美名なのか?

 私は、文化省に全てを任せず、恵庭の子供たちを育てるのはこうだ!!
と教育長はじめ教育委員会がぶち上げるべきだと思うが


 今回の例会には、教育長はじめ、おもにソフトの部分を任されている教育委員の方は一人もいなかったなー
ハードの部分を担当する、生涯学習部長は参加していましたが



| 管理人 | 15:16 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
友達が亡くなってしまった!
 同年代の友達が亡くなった
未婚の子供さんが二人と、障害の持つ小学生が一人の、計3人の子供達と
腰の悪い奥さんを残して

 どうしてなんだ!!
二週間前に会った時は、ぜんぜんそんな素振りは見せなかったのに
何があったんだ
悩みを内に秘めちゃったのか?

 派遣社員でリストラに会ってしまった様だ
企業の責任はどうなんだよ
自分だけが良ければいいのかよ
派遣とは人を人間として見ていないのではないか
ただの道具としてしか見てないのではないか

 日本には昔から師弟制度が、脈々と引き継がれてきたはず
丁稚に始まり、技を盗み匠を身に付けていく
給料・休みは無かったかもしれないが、食べる事には困らなかった
そして暖簾分けの仕組みもあり、技を身に付けているから独立も出来た
人を簡単に路頭に放り出す事はなかったのでは? 

 我々農耕民族は、春に種をまき、秋に収穫をする
遅々とした粘り強く過ごしてゆく、DNAを有していると思うが
他国の狩猟民族の様に、出来上がった物を捕まえる直接的利益を追求する、DNAとは違うと思うが
それがどうして利益のみを追求する、社会になったのでしょうか

 休みや給料などの、労働者の待遇改善の権利のみを、声を高らかに求めたからでしょうか
派遣法を作り、自由競争を助長させたからでしょうか
学者が机上の空論で、政策を煽ったからでしょうか

 時代背景が、それ行けどんどんの時代だったんですね
日本人の貴重な伝統ある「仕組み」「伝わり」を、「改革」との耳障りの良い言葉で、捨ててしまったツケが、今なのでしょうか

 「米百俵」のせいで、友達が亡くなってしまった
政治は本当に大事だと、いまさら強く思い知らされました
私は自民党議員団清和会に所属していますし、自民党員です

 自民党を信頼していますが、
いい事は良い、悪い事は悪いと、しっかりと述べて行きたいと考えています







| 管理人 | 18:12 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
ヒャーとした事
 車で細い道路から、チョット広めの道路を横断する時
一旦停止をし、右を見て、左を見て、車がいない
安心をして、ゴー

 横断をし終わる間際に、キーとブレーキの音
向こう側の歩道を、自転車が左から右に来ていたんです

 見ているようで、見ていなかったんです
ただ首を振っていただけだったんです
自転車が止まってくれたので、ぶつからずにすみました

 恵庭市交通安全協会の定期総会がありました
真摯に参加してきました



 自分の事を棚に上げて申し訳ないのですが
自動車の運転には、本当に気をつけましょう!!
相手の方も家族の方にも、不幸をたくさん与えてしまいますから


| 管理人 | 16:16 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
真矢みきの結婚式
 実は私の奥さんと「真矢みき」とは、従弟の子供同士で縁戚なのです
宝塚の男役でデビュー前から、親しくお付き合いをしていました
それが、あれよ、あれよ、というまにテレビにマスメディアに載るようになりました

 4月4日明治神宮にて、親族縁者のみの50人で結婚式を執り行いました
私は行かなかったのですが、東京在住の三男と私の奥さんが出席しお祝いをしてきました

残念ながら、写真はテレビ・映画でお楽しみ下さい

 テレビにマスコミに出た時、身内びいきですが、なにとぞ応援を心より御願い致します

| 管理人 | 08:50 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
恵庭小学校の入学式
 4月6日月曜日 平成21年度恵庭小学校の入学式に参列し、お祝いをして来ました
少し肌寒かったのですが、雨も風もなくよい日和でした
133名の子供たちが、背広ありドレスありの、ご両親のとても暖かい愛情を感じるオシャレな装いで、ピカピカとしていました

 思わず53年前の自分の小学校時の入学式を、気持ちの高揚から所作を、思い出してしまいました
なにかとても、雲の上に昇った様なふぁふぁ感だった様な、とても嬉しかったのを憶えています
ここにいる子供たちも皆そうなんだろうな
2m離れて座っている子供たちに、載せてしまってニコニコしている自分がいました
ご両親の皆様、気持ち悪いおじさんと思わないで下さい
瞬時「こども」に戻っただけですから

 ご両親の皆様、誠におめでとうございます
大切にはぐくんであげてください
大切な大切な宝ですから



2年生と6年生が、1年経つとこんなに成長するんだよと2年生を見る、6年生になるとこんなに立派になるんだよと見る
この様に成長する「めあて」にする参列だそうです

6年生の代表が、「私達が手伝いしますので、安心をして学校に来て下さい」と歓迎の言葉を述べていました
新1年生が不安なく、学校にいける上級生の暖かい言葉でした

太いダイコンを、皆で抜こうとしても抜けない、困っている時新1年生が手伝ってあげて、無事ダイコンが抜けた
メデタシめでたし
2年生が演じた寸劇で、楽しいムードを作り学校に行きたくなる様になる、素晴らしい演出でした

 校長先生が挨拶の時言っていた、「皆が助け合い協力する事が、恵庭小学校の目標です」
その意味も、劇の中にあったのでしょうね

| 管理人 | 12:16 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |


お知らせ
10月22日は衆議院選挙投票日です

期日前投票
恵庭市民会館 8.30~20.00
恵み野会館 9.00~17.00
島松支所  9.00~17.00
イトーヨーカ堂 9.00~20.00

選択肢は、デフレ脱却・地域経済の活性、国民の生命財産を守る国の責任を果たす方、ブレないで凛としてあたる方、しかありません。
日本の未来を決める大事な選挙です
必ず投票に
今の流れを、力強く骨太にさせましょう!

「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示