Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
<<  2018 - 02  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

恵庭ロータリークラブ少年野球大会
 私の所属する恵庭ロータリークラブでは、青少年健全育成の奉仕事業の一環として「少年野球大会」を毎年取り組んでいます
中体連の位置付けではなく、近隣地区の新人大会の中学野球による交流を目的としたものです

 今年も遠くは、深川の中学校を含む23校の参加で熱戦が開始されました
決勝戦は8月8日に行われる予定です

将来の「イチロウ」達、頑張ってください!



| 管理人 | 19:45 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
富山県人会
 中恵庭にあります「富山県人開拓の碑」の祈願祭に参加致しました
恵庭市は、富山県の入植者が多数いらっしゃいます
その方々先人により我々が豊かな生活を営めると、心より感謝申し上げました

 併せて、「恵庭越中おわら風の盆」会の、素敵な色艶を感じさせる、踊りを舞って頂きました
動画でないので、雰囲気を味わって戴けないのが残念ですが、ご想像を御願い致します



| 管理人 | 17:31 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
東京都議会議員選挙
 私にとりましては、非常に厳しい判断となり、布団には横になりましたが眠る事が出来ない、12日の一夜となりました
確かに都民の皆様の重たい民意が表された事であり、粛々と受け入れ真摯な態度で見つめていくのみであろうと思っています

 ただ当選のインタビューを見ていましたら、「この勢いで国政を変える」と歓喜に声高らかに勝利発言をしていた若者がいました
今の都政がダメであるか「都政」を変えてくださいとの民意なのでは?
「この何区を素晴らしく、この様に変えていきます」
と政策をぶち上げて欲しかったなー

 小泉選挙の時にもありました
今度の選挙も、その呈をなしている様に感じます
うわべの表層雪崩のごとく

 室町・鎌倉・安土桃山時代の様に、武器を使わない陣取り合戦の戦国時代に入ったのでしょうか?
流言飛語に類する情報のみに捉われず、本物を見極める力を持った、賢い日本を愛する国民になりたい

私はそのように考えています



| 管理人 | 08:35 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
東京都議会議員選挙
 本日投票日です
マスコミでは、国政を占う選挙だとか、総理大臣の信任選挙だとか
面白がって、ニュースネタにしていますが
地方選挙は、国の行く末を決める選挙ではなく、地域の独自性と存在感を持った地域づくりをする為に、市民住民の希望を叶えるべく選良による地方議会があるものであって、国政とはおのずから一緒の考え方にはならないものと考えています

 勿論自分の考えた「まちづくり」をする為には、国との関係は切っても切れないものであり、同じ考え方で国政に立起されようとする方には力いっぱい応援をし、恵庭のまちづくりに御理解を頂ける様努めるのも、私の仕事であると思っています

 さて本日の夜には判明致しますが、大事な大事な東京都の地域づくりの選挙です

 売名だけをしている方、変な格好で目立つ事での受けだけを狙っている方、地方議会と国政の区別をつけられない方、日本の首都である東京都はどの様にあるべきかをしっかりと考えている方、東京都の住民が将来もこの地に住みたいと言って頂けるにはどの様にしたらいいか考えている方、ただ若いというだけの選択肢を採る方など、良識のある東京都民は、必ずや見識あるご判断をされるものと推察致します

 併せて言えば、国会でも票欲しさに目立とうと、御自分達が選んだ総理大臣のハシゴを外す様な事を発言をするやからがいる
しっかりと地に足を着け、団結し支える姿勢こそ日本人の美しいあるべき姿ではないかと思っています

 日本人の矜持をお忘れなく!


| 管理人 | 15:17 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
恵庭市戦没者追悼式

 
 7月8日 幸せを享受している今の我々にとって、心測らず大戦等で日本国の礎となれました先人の方々への、しめやかに感謝の御礼と愛しむ、追悼式が執り行われました

 昨年までは、昭和14年に国事殉難の御魂を永代奉祀し、その霊を慰める為に建設された、中恵庭にある「忠魂碑」で執り行われていたのですが、御遺族の方々の高齢化により御負担を軽減する為に、今年は市民会館で行われました

 今思うに、最愛のご家族を残し戦地にてお亡くなりになられた方の、心中を察するに余りあるもので、万感尽くす思いで頭を下げ、黙祷を奉げました

 綺麗な山や川があり、民族対立などの内戦・紛争などの無い、安心で安全な日本という素晴らしい国を誇りに思と尚、先人の方々に感謝し尽し切れないと考えています
戦争をおこしてはいけない!この様に苦しむ方が出てくる
どの様にしたら戦争をおこさないか、今現在での最低限の政治的スタンスが、戦争をおこさないだろうとする、私の考え方です
但し、先人が命をかけて守った、日本の風光明媚な山や川を乱そうとする者があれば、後を継ぐものとして断固と鉄槌を下すべきと考えています


 少なくても、恵庭から出征され御霊となられた方々には、かなう事が出来得なかった素晴らしい恵庭市を創って行く様、私の立場で心新たに、お誓いを申し上げさせて頂きました

| 管理人 | 11:50 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |


お知らせ
平成30年の計

「愛そして思いやり」

平成30年1月2日
川原光男


「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示