Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<  2018 - 04  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

恵庭青年会議所8月例会 矢祭町 根本町長の講演
 「元気な子供の声が聞こえる町づくり」をテーマにし、理想としては元気な子供の声があちこちで聞こえるようにしなくてはいけません。
 成人、青年、壮年層には、行政は何の手当もしないし、1円のお金も使いません。
この人達には、朝から晩まで真っ黒になって働いてもらい、税金を納めてもらいます。
 ただし、自分の親や祖父母が安心して暮らしていけるような町をつくる。
あるいは自分の子供達が、健やかに伸びやかに成長できるような町をつくる。
 行政は、住民が一生懸命に働いて貰う代わりに、その親と子供の面倒はみる。それが理想です。

と矢祭町 根本町長は考え方を述べています。

私は、この考え方は、まちづくりのバランスが「整っている」のではないかと感じています。
 政治(まつりごと)は、「1つの部分のみを捉えたまちづくり」は正しくはないと、あらためて感じた次第です。

 私の、今考えている事、または今判断をしょうとする事は、まちづくりの流れの中でどこの部分なのか、またそうすることにより、どの様に他の部分に影響が「良く現れる」のか「悪く現れる」のかを政策判断の指針として、バランスを考えた政策判断をしなくてはいけないと、改めて確信したところです。

恵庭青年会議所の皆さん、講演を聞かせていただいた事に感謝申し上げます。

| 管理人 | 18:40 | comments (0) | trackback (0) | 雑記::日常 |
寺島 実郎氏 記念講演を聞いて感激した話の 「其の3」
食の問題です。
 日本の食料自給率は、カロリーベースで38%です。
私は食べ物が確保されている事、それが人間として一番の安心材料だと思うのです。

 お金を出せば買える、などとの甘っちょろいものではないと思います。
歴史が表して居るではありませんか、城を攻める時は「兵糧攻め」と言う手段をとったことを。

 農地の維持管理、または作物の育成などは、簡単に出来るものではないと理解をしています。
これは代々伝承をされ、継続されていくものなのですが、残念ながら労に見合った収入が無い、当然に後継者は農業を見放していく流れになってしまったわけです。
日本の人口で農業に就労している割合は
1965年 24% → 1980年 10% → 2006年 4%

寺島氏の提案
 第1点 国際競争の中で勝ち残っていくのには、「農業生産法人」「株式会社農業など」によるシステムとしての農業=先端的産業技術の注入による食の再生を図る。(遺伝子技術の事ではなく、発想の転換の意味だと理解しました)

 第2点 都会と田舎の呼応関係による食の再生 → 2地域居住による分業としての農業の確立
まだ机上のプランであろうけれども、多数の聴衆に問題点として話しかけられた事は素晴らしいと感じました。

 子供達に食べ物だけには苦労させたくない、との思いが私には強くあります。
現在農業にたずさわって居る方、またこれから農業に着目をし、たずさわろうと考えている方、是非たくさん儲けて下さい、そして持続していただき、私達に、また次世代の子供達に、食の安心を与えて下さい。

私は、食はとても大事な事だと考えています。

  


| 管理人 | 20:36 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
第24回市長・議長・教育長杯争奪バトミントン大会
一年に一度、恵庭で「誰が一番強いか」をランク別に決める、ダッシュ 選手権大会です。
一般選手  116名  中学生選手  66名 の、白熱した戦いでした。女性

| 管理人 | 09:54 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
恵庭市文化・スポーツ・青少年功労表彰式
11月3日表彰式が執り行われ、参列してきました。
太陽素晴らしい功績の方ばかりで、改めて我が恵庭市は人材は豊富だな!と実感させられました。

 とくに、エコ・コミニュケーション専門学校の学生さんが「列車の中で、迷惑行為をしている人の逮捕協力をした」と表彰されました。
自分に置き換えてみれば、なかなか簡単には出来ない事であろうと感じますし、今の若い奴はと言っていた私は、彼の「ダメなものはダメ」との行動力に敬服したところです。

 恵み野旭小学校を始め各中学校の生徒会で、ボランティア活動などを実践しているとの事、「自分の為ではなく、ほかの人の為に」と自然体で事をなしている。
子供達に立派だ! とても良い事だよ! と、表彰という態度で表してあげる事は、大人の最大の教育だと思います。オッケー

 また、仕事の間に、スポーツを永年にわたってたずさわられ、市民の健康・生活の気概などの増進に寄与する事は、なかなか持続的に継続することと、無心で行なう事は簡単ではないと感じます。
そのような方がいらっしゃることで、恵庭市のスポーツに対する基盤の厚みが出てくるのだろうと考えます。
有難う御座います。

 表彰の選考の根本は「自分の為」ではなく、その事により良い影響の輪が広がる動きがかもしだされるか?
に対してかな?と 私個人は考えております。

この度受賞されました方へ、心よりお喜び申し上げます。


| 管理人 | 14:32 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
寺島 実郎氏 記念講演を聞いて感激した話の 「其の2」
宇宙航空産業の重要性

今までは、車産業が経済の中核をなしてきたのだが、これからの産業形態は「宇宙航空産業」であろう。

 グローバリゼーションのなかで、アジア大陸もしくは国内でも、都市間交通での日帰り化が、要求されてくる時代に入るのではないだろうか。

 手軽でありコスト的にも安価な100人位の中型ジェット旅客機の要求が、台頭してくるのではないか?
ジャンボ機などは高額な開発コスト償却、また、飛行場整備の為に、参入は非常に難しい業界であるが、中型機であれば、今までの日本の技術で充分に参入出来る産業であり、飛行場整備のコストも少額で済む。

 宇宙航空産業において、日本は部品産業の部分だけのかかわりであったが、車産業と同じく部品だけでなく、全体としての国産航空機産業の「自動車産業以降のプロダクト・サイクルの創出」として目指していくべきであろう。

この話を聞いてまた、ものの見方、考え方を変えていかなくてはと、強く感じてきました。
目からウロコの2

| 管理人 | 07:39 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |


お知らせ
春のゴミが雪の下から
春風に吹かれて空中を舞い上がっています

春の暖かさは嬉しいのですが、人間の粗が一部垣間見えるようで嫌ですね
ならば 皆でゴミを拾うのも住み良い地域づくりですね

ご協力をお願いします


「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示