Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2019 - 01  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

産官学連携「食」キーワード
昨日、地域コミュニティを支える産官学連携
~”食”~をキーワードとして~
シンポジュームに参加してきました





「基調講演として木村先生・特別講演として荒金先生」
各々から、全体最適思考について連携の捉え方とその必要性について
また、食への重要性を認識しながら、一方向性からのみの観点からの判断ミス(食べることが苦痛・・・・・入れ歯を修正したら食が見違えるように進みお元気になられた高齢者の例など)

やはり、本市は安全で安心な、そして新鮮な食材を提供しようとも、最終的には調理・加工をもってエンドユーザーへと繋がっていくもの
生産者・行政・研究教育・そして財源、との連携こそが、地域コミュニティを創り上げていく手段の気づきである
と私は、理解をしたところでした



| 管理人 | 08:16 | comments (0) | trackback (x) | 雑記 |
恵庭市ふるさと納税
恵庭市からのふるさと納税についてのFBから、良いことだなーと感じたので取り込みました


北海道恵庭市で、絵本を広める活動を行っている、「かしわ文庫」の鈴木さんオススメの絵本2冊をお届けします。

北海道 恵庭市
鈴木さんのイチオシ絵本(いろいろバス、クマと少年)【1063860】
寄附金額
10,000

絵本【1】:「いろいろバス」(幼稚園児~小学校低学年向け)

バスの色にちなんだバラエティ豊かな乗客たちが登場し、次に何が出てくるか大人も子どももワクワクする絵本です。
絵本【2】:「クマと少年」(幼稚園児~小学校高学年向け)
北海道旭川市出身の作家あべ弘士さんが描いた、ヒグマとアイヌを通して描くいのちの物語です。

■生産者の声

恵庭市では、平成13年から全国に先駆けて、赤ちゃんと保護者が絵本を介してふれあう時間を持つきっかけを届ける「ブックスタート」事業を行っています。市内で生まれたすべての赤ちゃんに9、10ヶ月健診会場で絵本をプレゼントしています。また、平成19年からは1歳6ヶ月健診での読み聞かせ、絵本のプレゼント(ブックスタートプラス事業)も実施し、子どもの読書活動に力を入れています。絵本は、誰もが幸せになれるような時間を、ごく自然につくりだしてくれる存在です。 きっと、大人にとっても、心安らぐ時間になることでしょう。子どもたちが笑顔になる物語です。どうぞご家庭で温かく楽しいひとときをお過ごしください。

https://www.furusato-tax.jp/product/detail/01231/4547962
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/01231/4547961



| 管理人 | 08:22 | comments (0) | trackback (x) | 雑記 |
町内会受賞祝賀会・交流会
11月25日泉町町内会受賞祝賀会・交流会を開催しました

芸達者の方を先導に皆で楽しみました
お互いにコミニュケーションがとれ、仲間を感ずる、とても意義のある町内会事業だと思います
楽しいひと時でした



| 管理人 | 17:17 | comments (0) | trackback (x) | 雑記 |
新嘗祭
新嘗祭のまつりごとを恭しくと納めさせていただきました

本年の五穀豊穣と氏子の皆様のご健勝で過ごされましたことに対しまして、感謝の念を捧げさせていただきました



年の瀬も数日となってまいりました
皆様と共に、健康には留意し良い年を迎えられますよう、生活に張りのある凛として暮らしたいと思います
来年には、台風や地震に見舞われないよう祈願を申しあげます


| 管理人 | 09:23 | comments (0) | trackback (x) | 雑記 |
姫路城
先日、ふるさと富山の今は廃校となりました「南山見小学校」昭和36年卒業の36同窓会で大阪へ行って来ました
やはり、旧友と会うのは楽しいものです
私のように遠くに離れているものは、日ごろ会うことも出来ず懐かしい気持ちが一杯でした

さて、その行程に姫路城(白鷺城)の見学がありました
素晴らしいお城でした
まるで美術館から抜け出てきたようでした



そこで、写真を撮り忘れましたが、その城の中心に大きな大黒柱が芯として入っています
今まで、数々のお城を見てまいりましたが、その柱を意識したことはありませんでした
友達と、感激をして触ったり、撫でたり、昔の人は機械もないのにどうやって建てたのかね?と話をしていたところでした

そうしましたら、出口を出てちらっと見たら取り換えた古い大黒柱が脇に展示してあります
普通はあまり気が付かないかもしれませんね?!




凄いですね!!
どうして、建てることが出来たんでしょうね?
パソコンも無いのに昔の人は凄いな~。としか言えず見とれました
姫路城は、外観も素晴らしいですが、この様な影の力に感激しました

「播州 更屋敷」の井戸
知りませんでしたが、この様な綺麗な城に幽霊の出る井戸があったのですね
高価な皿を割ったとして、悪家老から無実の罪を着せられ30メートル程の井戸に逆さに吊り下げられたお話です
この井戸がそうです



幽霊には会いませんでしたが、バスに戻ると、小学校の当時はとても可愛いかった女子・男子が、今、井戸から出てきたの?と言いたくなってしまった同級生が随分座っていました
勿論、私がバスのステップへ足をかけぬうっと身体を上げた時、みんなの顔がひきっつていたような気がしたのは気のせいでしょうか?

古希を迎えた高齢者の楽しい旅行でした
おわり



| 管理人 | 10:17 | comments (0) | trackback (x) | 雑記 |


お知らせ
恵庭市ボランティア袋が変わります
2つの用途になります

市民説明会が市民会館で1月30日(水)18時30分より行われます

ご参加されては如何でしょうか?


「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示