Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2017 - 11  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

平成23年度恵庭市総合防災訓練
準備に奔走されました皆様・訓練に参加されました各団体の皆様、まことにご苦労様でした

そして天気にも恵まれまして良い状況の中で執り行われたのは、体験型として天が味方をしたと感じました

この様な震災は、実体験がないとなかなか臨場感に浸る事が出来ず、一見セレモニーの様に感じますが、本当はこの震災の事態を想定し訓練を行う事が重要で本質的な効果を期待するのは無理でないかと考えるわけです

大変な費用と準備がかかり、常に何時でも訓練をするとはいかずやはり5年に一回となるのでしょう?

さーて これから市民にこの盛り上がりを、各小地域に下ろして自主防災の気運を維持高めていき、また5年後に総合訓練で確認検証をしていく

このような持続する戦略が必要でしょう?
今回の成果はこの事にあると考えます



東北大震災で活躍し大変罹災者に喜ばれた屋外風呂です
進化しているのに感激しました
やっぱり 気持ちのリフレッシュにはお風呂が重要でしょうね?


| 管理人 | 08:25 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |
恵庭市子ども居場所づくりプランワーキング会議
第1回 第2回 第3回 と7月から3回に亘り開催されました

幼児・小学生・中高生・有職無職青少年・障がいを有している子ども達について
居場所がどの様になっているか?
どの様にしていくのが望ましいのか?

行政の政策として、「その位置づけ」を固めてゆくのか
市民意見として取り纏めていく会議であろうと取り留めて傍聴をさせて頂きました

各種・各層から、年代や性別も取り混ぜ自由な発言と提案を発言しあう前向きな会議でした

しかし
行政としては余計な予断を与える事無く、自由に真摯に市民が感じている事を発言を頂く訳ですが、市民の方々には各政策の流れや形を変えていっている方向性などについて認識を新たにしていただく事は無理な話で、どうしても現状の既存の政策について意見を述べてゆく形になっていくのが、傍聴させていただきながら大変もどかしい思いを致しました


せっかくの市民の皆様の熱い議論が、世の流れや当市の考えている此れからの居場所政策について、構想についての検証や将来に見えるだろう効果や期待、またそれ以上の発想を変えた政へのご意見などが欲しいなーと
私ながら 勝手に考えたところでした


この事は 会議を招集した行政側のスタンスが重要であろうと思いました

私は大変重要な必要とされる意見だなーと感じましたのは
プレーパーク構想」でした
各公園等で、地域の住民や指導員で屋外の遊びを共にする
かいつまんで言うと この様な事です


また 居場所づくりの、キーポイント

子ども達各年代・地域・学校・行政等・親の「連携プレー

施策・事業・一元化・ツール等の「情報の発信


行政は市民からの貴重な意見をどの様に引き出せるか?
的確に反映させる事ができるか?


黒子の仕事が大変重要になってくるでしょう?
その能力のある職員が増えてきていただきたいと感ずるところです




| 管理人 | 08:13 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |
花の田園住宅
恵庭市花の田園住宅
「ブレスドガーデン恵庭」 完成式

恵庭市の花の田園住宅を市有地で創りたい思い
恵庭商工会議所建設部会において田園住宅を地域活性化に結び付けたい思い

マッチ

オール恵庭の企業8社で「恵庭市のガイドライン」に加え「独自のガイドライン」を策定、より花の田園住宅を推進出来るよう恵庭まちづくり協同組合で買い受け事業を実施、完成式を執り行われました

一区画 最小で543㎡ 最大で906㎡の30区画の販売になります

既に5件の申し込みと40件の問い合わせがあると発表ありました


農振地にありますので、排水や雨水には注意が図られ合併浄化槽による処理になります

ここの事業には幾多の議会議論を踏まえてようやく日の目を見た事業で、私には感慨の思いです

案内ハウスでタカトシ牧場の協力を得ています





第一号の契約者への紹介と記念品授与です
埼玉の方で本日は近親の方が代理で受領されました





| 管理人 | 13:54 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |
平成23年度第一回社会福祉審議会児童福祉専門部会
昨日 開催され傍聴して来ました

色々と案件はあるのですが、私としては 恵庭市保育計画が平成23年度で終了し、改めて平成24年から恵庭市保育計画を策定しなくてはならない為、如何様な議論がなされ、どの様な観点で恵庭の宝である乳幼児を含め子どもたちを育てていこうとするのか?

・ 保育を欠けると言う視点だけではなく必要とする方への視点も必要?
・ 保育だけではなく教育についての視点も必要なのでは?
・ 良質な保育教育環境について(容積勿論 遊具砂場広場)
・ 学童も含め税の投入の可否 考え方について
・ 少子化への対処策としての保育教育について
・ 核家族化となっている子どもたちへの社会性への育み
・ いつでも どこでへも 保育教育の受け入れ先のあり方

私は この事について大変必要な議論すべきテーマであろうと考えており、必ず新しい保育計画には位置づけが大事ではないかと考えています


現在 自民党で議論をされている

0歳児は家庭で育てる事を原則   その為に親御さんの所得保障とその間の企業の休業補償と就労復帰制度の義務化支援策

1~2歳児は保育を必要としている方全てに保育システムを

3~5歳児は幼児教育の強化

5歳児に対して、幼児教育の義務化


私は たいへんよい事ではないだろうか?
国の政策でないと出来ない事ですが、この部会でこの様な意見が議論し採択され「子育ての先進的」な提言をいただけるよう大いに期待をし傍聴いたしました

| 管理人 | 09:28 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |
会派の行政視察に行ってきました
清和会派で7月13日秋田県男鹿市  7月14日岩手県盛岡市・午後より被災地宮古市のオプション研修参加  7月15日秋田県教育委員会に 行政視察に行ってきました

視察テーマーは
秋田県男鹿市 焼却炉について
特にお聞きしたくて質問した事は 
建設用地の選定とそこの地域振興策について、なされました方策についてお聞きしました

この事については、わが市も進めている施策であり、いらぬ予断を与えかねない為、あえて書き込まず議会審議の際に考慮の判断の一部へと活用させていただきます

他の政策についてはわが市は、先進的な取り組みをしていると自信を深めてきました




岩手県盛岡市 市民との協働について
今までの地域の組織と目的ごとの組織を一体化し「地域づくり組織」「地域づくり事業」を行う

その為に
・盛岡市市民協働推進基金条例の制定
・公募型協働推進事業の実施
・NPO活動促進のための基本方針の策定
・NPOとの協働を進めるためのガイドラインの策定

必要事項を整備し、地域としては30有るが先行的に2地域を着手しようとしている様です
政策の事前準備の方法を研修してきました




秋田県庁 県教育委員会  秋田県の学力向上について
秋田県は全国学力第一位の県で、大まかに成績を公表しています
残念ながら我が北海道は全国の下から数えた方が早い順番で、非公開となっています

・ハロースクール&ほっとエリア運動 6月12月位に幼稚園~高校まで全ての地域に開放、何時でも何所でも開放し見学できる 学校の敷居を低くし地域の方々に教育力を高める

・県の予算の投入で少人数学習の推進で基礎学力の向上・定着 チームティーチングが出来る講師の配置
・学校評価制度の推進  県教育委員会が保護者に直接家庭に評価調査表の送付で、学校を通さず県教育委員会が回収し、学校を評価し改善策を学校と共同で授業のてこ入れを図る
・教育専門監制度 (スーパーティーチャー)現在25名 各々得意な授業の先生を、弱い科目の学校へ派遣をする学校に所属をしない先生
・学年科目単元評価問題をインターネットに載せ、学年における必要とする達成すべき問題と回答の導きを先生に伝達し確認していただく



竿燈祭りの練習をしていたので写しました




盛岡市の研修を終わり目的別研修として、最も短距離の宮古市 それでも2時間半に一本のJRで 片道2時間の距離の被災地宮古市へ行って来ました

多分大変な状況で公式訪問などできるはずもない とそう考え お話を伺えないとしても、是非この未曾有の災害を共感すべきと思い小さなお土産を持って同僚2名で伺いました

宮古市役所で被災証明の交付場所


宮古市役所1~2階部分が津波の被害を受けている


派遣自衛隊は撤収した後で自衛隊宮古地域事務所へ 北海道の自衛隊さんに助けられましたと感謝の弁を頂きました


被害に遭った銀行


大体がれきは片付けられ一部に点在の状況でした
大きな水産加工場は無く 腐敗臭はありませんでした


高台からの全景です


宮古には仮設住宅はだいぶん出来ているようです


約3メートルの防潮提がある場所


防潮提が無い場所


運転手さんからお聞きした話ですが、防潮提の有る所の住民の方は安心していたようで、約400名余の亡くなられた方がいるとの話でした
しかし 防潮提の無い所の住民の方は、危険だとの事 常に災害訓練をしていたそうです
そのお陰で 被害は無かったとお聞きしました

住宅など建物の被害は防潮堤が有る無しにかかわらず同じようでした

お話では宮古は水はけが良いので浸透しましたが、他所の水田など浸透の悪い所は防潮提で引き潮が止められ潮水がそのまま溜まってるやにお聞きしました

今 書き込みました事は正式にお聞きした話ではなく、車の運転手からお聞きしたお話である事をご理解ください

すれ違いました道警の警備車です


お会いした方です


宮古駅から秋田の宿泊場所に帰ります 多分23時過ぎになるでしょう


| 管理人 | 16:00 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |


お知らせ
恵庭市議会第4回定例議会が
11月29日から12月15日まで開催されます

平成30年度事業に係わる議会で有り、私も一般質問に立ち、未着手の案件について質していきたいと考えています


「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示