Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2019 - 10  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

恵庭市緊急経営安定対策融資について
 年末を迎え、私の耳には年を越す事が出来なくなり、経営が破綻をし経営者・従業員とも路頭に迷ったとのお話は聞こえてきておりません。
これが事実であれば本当に良かった事であると思います。
恵庭市の緊急対策融資の利用数は14件、国のセフティーネット融資は65件であると中間報告がありました。
とももあれ中小零細企業の経営者は、無事良い新年を迎えられ事を切望するところです。

さて恵庭市の財政見通し修正版が示されました
すでに過ぎようとしている平成20年度において、市税収入が見込みより1億7千9百5拾万円の減少となっています。
このことは私が考えますに土地建物などの流通が沈滞している事、企業が儲かっていない事、従業員に充分な給与が払われていない事、つまり「市民の所得が少なく」消費に廻る余裕が無く、恵庭市の「経済の活性化がなされていない」証明ではないでしょうか?
生き延びる為の融資は勿論とても大事ですが、それと平行して経済が活性化されるための政策を3月議会にて充分議論をし地方自治体で出来うる事の模索は必要であると考えます
ただ勘違いしてはならないのは、市街地の拡大を民間開発云々といつて調整地域を市街化に編入し固定資産税の増加のみをもくろむことは、
ただ安直な考えで、今の市民の為になる事ではないと考えています。


| 管理人 | 08:48 | comments (3) | trackback (0) | 仕事::報告 |
恵庭市社会教育委員の会議
 12月19日開催されましたので、どの様な事を議論されているのか知りたくて傍聴して来ました。
学校支援地域本部事業が開始されるとの説明があり、内容は学校へ地域の方々をボランティアとして、派遣をしていく事業です。
高齢化社会になり、お年寄りがお持ちの様々な技を伝承をさせ、若い先生とのコラボレイションを図る取り組みであろうと思いました。
この事はとても大切な事で、学歴一辺倒の教育姿勢からの脱皮であり、子供たちに多々な将来に対し興味のある選択肢を与えるのではないかと思いました。

 さてもう一点、たいへん興味のある問題点が議論されていました、恵庭市には郷土資料館・カリンバ遺跡などなど素敵な名所が各所に点在しています。
しかし残念ながら、市内にも市外にも上手に名所の発信がされていなく、非常に問題だとの発言がありました。
ならば絶大に集客力の向上している、「花ロード恵庭・道駅」を起点にスタンプラリーで、回遊が発生できるのではないか、とのアイディアが出ました。

 この事業は利益を生み出す者ではないことは充分に理解は出来ます。そこでこそ恵庭市の観光を任されている観光協会の出番であろうと感じました。
この回遊が生まれる事により、教育文化の向上はもとより、市内の経済の活性化に、大きく寄与すると期待します。
指定管理について、ただ単純に損得のみで論ぜられている状況にとても危惧するところで、万が一収益団体の民間法人が指定となったらば、収益の期待が出来ない部分を、民間に担っていただけるのか?とても不安を感じます。
観光協会に対し、ただ補助金のみを削減させようと論じている方は、ならば恵庭市の観光をどのように進めてゆき、地域の活性化に繋がって行くのか提示しながら、前向きの方向性を示して欲しいと考えるのは私だけでしょうか?

社会教育委員などの市民の方が、期待をされている訳ですから。


| 管理人 | 17:52 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |
議会開催中の清和会会議
 議会開催2日目の熟読日で、休会日です。
清和会では、今議会に提出されました「公明党・共産党からの意見書・共産党からの決議書」について、会派内検討会が開催されました。
我が会派は13人で構成されており、各々支持者も異なり、考え方も各意見があり、我が街の為にはとけんけんがくがくの会議でした。
とりまとめの幹事長と会長は、とてもご苦労されておりました。

 この案件は議会運営委員会に、我が会派として提出され各会派との議論に入り、本会議にかけられ各議員の質問を受け決定されます。
決定されましたら、投稿したいと思っています。
*つぶやき*本会議で毎回突然とんでもない質疑をするT.k議員がいます、会派内で議論をもっと深めていただきたい。新人議員からのお願いです

 議長よりの報告がありました。
先日の議会運営委員会において、市長の議会軽視と議会に対し真剣に向き合わない姿勢に、全会派より議長へ市長の姿勢改善へ調整の依頼があり、副議長と一緒に市長へ議論の場を設ける調整をしたが、かなわなかつたとの報告がありました。
*つぶやき*議会と話すことは、いじめられていると錯覚している。市政は2元代表制であり議論無くして、税金を執行したら、専制政治ではないでしょうか!

 広報のコラムに書いてありました「子どもさんの働く場所がない」 それを創造するのが 市長あなたの仕事 ですよ!
100人の人が居て、100人反対しても私の思う事業をする事がよい事で価値がある。と新聞報道にありました。
51人の賛成があって、事業はようやく住民に認められるのであって、なにを勘違いされているのでしょうか?

我々市民は決して市長のしもべではないことを、声を大きくしてお伝えしたい。

| 管理人 | 08:22 | comments (0) | trackback (0) | 仕事 |
こども達の市民憲章作文発表会
 こども達が自分達の目線で、「恵庭市民憲章」を読み、そして「感じ」「現実との違い」と本当はこうあるべきではないか、との基準を見い出した作文であろうと感じて、聞かせてもらいました。にこっ

 小学校8校から675点・中学校5校から426点の中から選ばれました、作文です。
私達大人が、往々にして忘れてしまっている部分、目をそむけている部分に、子ども達は鋭く問題意識として取り上げている。
自分達が子供の頃もそうであったんでしょうね。
だから自分の胸にグサリと刺さるのでしょうか?スペード

 大人として純粋な気持ちを持つこども達に、ほめ・たたえ・そして認め・教え育むキッカケの場所を造ってあげる事が、とても大事だと感じてきました。
作文は後日 PDFにて投稿したいと思っています。




| 管理人 | 09:18 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |
道路舗装整備について
 市民の皆さんは、ご自分の通る道路はなぜ舗装整備されないのか?
と考えていらっしゃる方は、多数おられると存じています。

 その大きな原因は、下水道工事にあります。
恵庭市は下水道普及率は99.3%のすばらしさです。
まずは下水道工事が終了して、地盤が安定するまでの2年間はそのまましておきます。
2年を経た後に、舗装工事の着工となります。音符

 我が市では、予算の関係で1年間で「3km」の舗装工事をすると、ルール化しています。
地域の皆さんに公平にする為に、この地区は600m、あそこの地区には1.7kmなどと細切れで着手します、その合計が3kmです。
また地区を決めるには、「3年に一度整備地区の見直し」をします、H20で3年目でしたので先ほど見直しがされ、1部の情報ですが、H21には和光・H22には駒場・有明地区が着工予定です。細部は詳しくは調べていません。

 ただし、恵庭市は財政が厳しく投資的経費を4億5千万円から5千万円を削減され4億円となります。
その影響は、この道路舗装工事に直接あらわれて来ます。計画どおり進捗できるか、所管ではとても心配していました。

 恵み野・美咲野・黄金などは、開発時点で下水工事など完璧に処理をされており、その様な問題は発生しません。
私流に考えれば、恵庭の基礎を築いて頂いていた、先住の皆さんのところが後回しになっているのではないか、割が合わない観が少しあります。

 つまり首長の財源に対する力量なのです。下
投資的経費をどんどんと無くして行くと言う事は、私達の税金は経常経費(端的に言えば借金払いと人件費)だけに使われ、市民の幸せの為に使われないと言う事です。
無駄な箱物と言われますが、道路も箱物です。マスコミに踊らされる事なく、反体制側の口車に乗る事無く、事実をしっかりと把握しなくてはいけないと感じています。

 財源を創造する事を発想の出来ない、ただ市民にお金が足りないと説明をすれば許されると発想する安直なリーダーは要らない!!
そのようなリーダーを選んだツケは大きい。
ぷんすか


| 管理人 | 18:12 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |


お知らせ
新会派結成

恵庭市議会 自民党

「恵義会」

会是

 私たちは、人として議会人としての条理に従い、公共に汗を流すことを第一義とする政策集団である。




かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示