Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2019 - 07  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

方面戦車射撃競技会
 雪の降る、ぬかるみの極寒の中で、戦車射撃の競技会が行われているのを、見学してきました。
自分の部隊の名誉をかけ真剣に射撃をしているのが、見学している我々にもひしひしと伝わってきました。
1400mから2000mの距離にある的に、瞬時に命中させてしまう技術は、余程の訓練を重ねなければなしえない技だろうと推測します。
これが独立国としての、存在を維持する為に、重要な1つの要素だろうと、私は考えています。

 さて射撃訓練をすることにより、砲撃音・雲の状況では振動音などが、住宅地などに届き、安静を破る時があります。
恵庭市は明治時代から、広大な演習場を有し、ともに発展してきた時代背景があり、今も同じく共に「協調」し「発展」を続けていくと考えています。
射撃訓練についての影響は、等しく国民一同が負うべき事が公平と思うところですが、それは出来得ない話であり、それならば国として、地域の皆さんに負担を軽減するのに見合う、処置制度が必要であると、私は強く考えています。

 航空機による防音工事は、飛行ルート変更により終了しました。
砲撃音・振動音はどうなのか?米軍の訓練には「saco」として防音・防振の事業制度があります。
しかし恵庭射撃場では米軍射撃はありませんが、安心をして射撃訓練を協調して行える為にも、国の制度として事業化を、私政治家として望み、しつかりと政治行動をとっているところです。

 日本に「saco」対象外の射撃場は6ヶ所あります。その6ヶ所の中で一番大規模なのは恵庭です、制度化にリーダーシップをとって政治行動をと、市長に質しているのですが、糠に釘の感じが否めません。
砲撃音・振動音の調査は国が3年をかけ実施しましたが、私は黙って結果を待つのではなく、ロービー活動が重要だと思っています。
これからもしつかりと注視し、事業が制度に具現化されますよう努力をしていきたいと考えております。



| 管理人 | 19:16 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |
清和会派行政視察の報告
H20.11.18 愛知県尾張旭市へ、健康あさひ21計画の「元気まる測定」事業の取り組みを、行政視察してきました。
生活習慣病を、ご自分でチェックをする事により、市民の方にいつまでも健康でいて頂きたい、行政側の思いの仕組みづくり事業です。



H20.11.19 岐阜県大垣市へ、水緑都市モデル地区整備事業による、中心市街地の活性化への取り組みを行政視察してきました。
良質な地下水が豊富であり「自噴」をさせたり、中心に大垣城があり、また市内に流れる水門川の淵を散策路として整備し、その周辺に松尾芭蕉の「奥の細道むすびの地」として記念碑を建て、地域の特徴を生かし、市街地の空洞化を防ぎ、賑わいをかもしだしてゆくべく、積極的な政策をなされているのを視察できました。



H20.11.20 大阪府箕面市へ、とどろみの学園(施設一体型小中一貫校)の取り組みを、行政視察してきました。
大阪府として大規模な住宅団地開発着工初期の段階で、学校が先に建設されH20.4に開校した施設です。
特認校であり、1年から4年までは前期とし、5年から7年まで中期とし、8年から9年まで後期としたカリキュラムを持ち、小・中学校のスムーズな接続を図る教育形態をとっている。
広いのは勿論だが、行き止まりが無い造り、生徒玄関が前期・中期・後期と別々にあり、黒板・チョークが無く「ホワイトボード」で自由に移動が可能、学生の机配置は決まりが無い、2階にプールがあり、いずれ学校の敷地に幼保連携の幼稚園も作る予定との事。
学校建設費用は土地代抜きで23億円との事です。



H20.11.21 岐阜県岐阜市へ、スポーツ行政・施設としての岐阜メモリアルセンターと、岐阜県イベント・スポーツ振興事業団の活動を行政視察してきました。
岐阜県において行われます、「2012ぎふ清流国体」にむけて、岐阜県においてスポーツの位置づけを高くする政策の施設と理解しました。
其の意図の柱は、全日本実業団対抗女子駅伝競走大会「ぎふ女子駅伝」と述べておりました。
スポーツ科学トレーニングセンター機能をも内蔵した、相当レベルの高い施設でした。

<br />
とてもハードな日程で大変疲れましたが、研修先の皆さんが出された「汗とご苦労」を勉強させて頂くことにより、私達清和会メンバーは井戸の中の蛙とならぬよう「精進」していきたいと思っています。

| 管理人 | 18:06 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |
第1回恵庭市社会福祉審議会(保育園民営化について)
 大町にある、恵庭市さくら保育園が、2年間の試行を経て学校法人高陽学園(クラーク幼稚園)さんに、運営を民営化され事業者として選定されました。
それにより恵庭市の財政は、約1億2千万円程の経費が、約8千万円に下がります。

 法律で保育の責任は行政にあると、位置づけられており、民間になる事により責任は丸投げにはならず、保育サービスが落ちる事は無いとなっています。
またその保管のために、モニタリング制度があり、子供たちを安心して預ける事が出来る事になっています。
万が一 保育サービスが低下する事によって、預ける方が少なくなれば、民間業者は大変です。
収入が落ち採算が取れなくなることになり、競争の原理が働くことになります。

民間に任せられる事は民間に任せるべきと思います。
私は1つの事例として、いい結果が出る事を楽しみにしています。
またこの後「2つの保育園」も民営化が予定されています、経費の面もサービスの面も良い方向になるであろうと、すごく期待しています。

| 管理人 | 19:32 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |
JOAユースセッション2008
 「オリンピアンと環境問題に学ぶ持続可能な、オリンピックへの道」と題したシンポジュウムが、文教大学にて行われました。
JOA(日本オリンピック・アカデミー)JOCの下部組織で、オリンピックやスポーツに関する研究・教育を通じ、青少年の健全な育成を目指すとともに、社会一般に対し環境問題・人権問題などに取り組む目的がある組織です。

 水野JOC副会長・田原国士館大学体育学部准教授・苅部法政大学陸上部監督・荒牧目白大学スポーツ科学研究室助手の4名をパネラーにて、「北京オリンピック」・「札幌オリンピックの恵庭岳滑降コース修復」・「オリンピック招致において重視されるようになった考え方にレガシー(環境遺産)がある」、についての各発表を拝聴してきました。



 札幌オリンピックの恵庭岳滑降スキーの大会は、若い時でしたがよく憶えています。環境復元整備についてのご苦労はわかっていなかったのですが、オリッピック後のまちづくりについて、地下鉄をはじめ大きくインフラなどが発展したことが、今の私達の生活に大きく貢献をしていると思います。

 北京ではオリンピックの後空気を含め「環境が格段に改善された」と報告がありました、是非それを持続し維持していって欲しいと願います。
スポーツの祭典、現代オリンピックはそのような影響があるのだと、理解しました。
 今の北海道おける経済状態はとても沈滞ぎみです、その打破の為にも冬季オリンピックが我が地で再度開催される事を期待します。

| 管理人 | 19:07 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |
最終処分場について
 恵庭市では、島松沢ゴミ焼却場が出来るまで、生ゴミを含む家庭ゴミなどゴミ類全てを、白樺にある最終処分場に埋め立ていました。
ただ湿地に投機、土を被せていた時代が、我が恵庭市にもあったんです。がーん

 既に白樺の最終処分場は満タンになって現在は閉鎖されており、其の後は焼却施設と大型破砕機によりゴミの減量をし、その残渣を埋める第1期の穴が盤尻に掘られました。

 しかしダイオキシンの関係で焼却施設は停止し、危険物爆発により大型破砕機も壊れ、それからは1期・2期・3期の穴も満タンになり、今は防衛補助を貰った11億円の穴にゴミを「いっしょくたん」に投入し、第4期の最終処分場として供用しているところです。

 白樺の最終処分場は今どの様になっているのか、埋めたゴミはおとなしくしているのか、あばれて生態系を含め廻りの環境にどの様に多大な悪影響を与えているのか、ゴミ問題で、特に,埋めるな!次世代にゴミの遺跡を残すな!自分で出したゴミは自分で処理をしろ!と私の家庭・息子夫婦・アパートの管理会社・町内会・議会の一般質問・にまで取り上げている私としては、歴史の結果はどの様に現れているのかを調べて見ました。

 行政では、2年に1回3ヶ所で調査をしているとの事、そうしましたら、「20年も経ているのに」まだ1ヶ所からは、高い濃度のメタンガスが排出されているとの事、たとえば落ち着いたあとその地域の利用は、公園にでもなればいいがなー、と言う状況です。×

 100年・500年・万年経過する事によっての状況は誰もわかりませんが、万が一石油にでもなっていてればいいのですが?!
今の盤尻最終処分場については、漏水・ガス抜き・消毒あらゆる手立てを講じていますが、しかし、絶対に安心の担保はありません。

右手立てとして
単純に埋めない事が一番良いのです。その為にどの様にするのか、「焼却」と「自然に還してあげる」それしかないと考えています。
私は継続して、あるべき姿を質して行きたいと考えております。9月議会に続き12月議会にても「ぶれず」に行きたいと思っております。


| 管理人 | 19:25 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |


お知らせ
新会派結成

恵庭市議会 自民党

「恵義会」

会是

 私たちは、人として議会人としての条理に従い、公共に汗を流すことを第一義とする政策集団である。




かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示