Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2017 - 12  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

第1回恵庭市子どもの居場所づくりプラン ワーキング会議
このワーキング会議と言うのは、放課後や休日などに子どもたちが何所にいるだろうか?判る事!

その場所が 安全で安心出来 子どもたちの育みに貢献していく事

このような場所を 恵庭市で足りているのか? 政策としてどの様に位置づけをしていくべきなのか?

保護者の方・教育関係の方・現在子どもの育みに携わっている方・見識のある方など行政がリードしたり、発言をしたりせず自由に思いのまま出席者で話し合う!

決して誰かの言ったことへ反論とか極論を言うわけでもなく、言葉を選ばず自由に発言されていました

まだワークショップは4~5回開催され、恵庭市の子育て環境について取り纏められ、提言から政策へとなっていくものだろうと大いに期待をしています


突然 傍聴をしている私に どの様な事が恵庭市の子どもの育みに必要でしょうか?
と皆さんからの発言が終わった後求められ

私は 地域で子どもの育みを支えていく必要が有ると考えています!  と ドキッとしながら日ごろ考えている事を言わせてもらいました

それと 恵庭市は多種多様な要望の子育てについて、一生懸命やっている方だと思っています とも付け加えました


色々な議論が話し合われ、ではどの様な事をしたらいいとお考えですか?

・親子で集まる場所は?
・居場所には行動的な子どもだけが行くのでは?そうでない子は?
・学童クラブの有料化は? 時間延長はもっと?
・子どもたちへ放課後などの居場所についてどう考えているかアンケートをとったら?
・企業が子育て環境づくりにもっと積極的に!

など たのもしい積極的な意見が!


また 私にも発言せよと!
私が一般質問で述べています、子どもをただ遊ばせるのではなく「小学3年生」までの子に読み書き算の基礎学力をしっかりつけるべきではないか?
その為にも 各地域にある空き店舗・空き家・公設会館・民間空き部屋などなどを利用し、寺子屋を開設しては?

そこに 地域の方が参加し社会性を身に着けていく 恵庭には 多様な見識と識見をお持ちの方が沢山いらっしゃいます
その様な方にお手伝いを頂く方策は 如何でしょう?
と発言

日ごろ思っていた事を言え 少しでも参考となればと大変嬉しかった様な?
余計な事を言っちまったかな?と反省も?


なんせ  子どもは恵庭の宝ですし、国の宝ですもの

とても大事な政策だと考えています

次回は8月9日 18:00より 参加します


| 管理人 | 08:53 | comments (0) | trackback (0) | 仕事 |
平成23年度第一回社会福祉審議会児童福祉専門部会
昨日 開催され傍聴して来ました

色々と案件はあるのですが、私としては 恵庭市保育計画が平成23年度で終了し、改めて平成24年から恵庭市保育計画を策定しなくてはならない為、如何様な議論がなされ、どの様な観点で恵庭の宝である乳幼児を含め子どもたちを育てていこうとするのか?

・ 保育を欠けると言う視点だけではなく必要とする方への視点も必要?
・ 保育だけではなく教育についての視点も必要なのでは?
・ 良質な保育教育環境について(容積勿論 遊具砂場広場)
・ 学童も含め税の投入の可否 考え方について
・ 少子化への対処策としての保育教育について
・ 核家族化となっている子どもたちへの社会性への育み
・ いつでも どこでへも 保育教育の受け入れ先のあり方

私は この事について大変必要な議論すべきテーマであろうと考えており、必ず新しい保育計画には位置づけが大事ではないかと考えています


現在 自民党で議論をされている

0歳児は家庭で育てる事を原則   その為に親御さんの所得保障とその間の企業の休業補償と就労復帰制度の義務化支援策

1~2歳児は保育を必要としている方全てに保育システムを

3~5歳児は幼児教育の強化

5歳児に対して、幼児教育の義務化


私は たいへんよい事ではないだろうか?
国の政策でないと出来ない事ですが、この部会でこの様な意見が議論し採択され「子育ての先進的」な提言をいただけるよう大いに期待をし傍聴いたしました

| 管理人 | 09:28 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |
会派の行政視察に行ってきました
清和会派で7月13日秋田県男鹿市  7月14日岩手県盛岡市・午後より被災地宮古市のオプション研修参加  7月15日秋田県教育委員会に 行政視察に行ってきました

視察テーマーは
秋田県男鹿市 焼却炉について
特にお聞きしたくて質問した事は 
建設用地の選定とそこの地域振興策について、なされました方策についてお聞きしました

この事については、わが市も進めている施策であり、いらぬ予断を与えかねない為、あえて書き込まず議会審議の際に考慮の判断の一部へと活用させていただきます

他の政策についてはわが市は、先進的な取り組みをしていると自信を深めてきました




岩手県盛岡市 市民との協働について
今までの地域の組織と目的ごとの組織を一体化し「地域づくり組織」「地域づくり事業」を行う

その為に
・盛岡市市民協働推進基金条例の制定
・公募型協働推進事業の実施
・NPO活動促進のための基本方針の策定
・NPOとの協働を進めるためのガイドラインの策定

必要事項を整備し、地域としては30有るが先行的に2地域を着手しようとしている様です
政策の事前準備の方法を研修してきました




秋田県庁 県教育委員会  秋田県の学力向上について
秋田県は全国学力第一位の県で、大まかに成績を公表しています
残念ながら我が北海道は全国の下から数えた方が早い順番で、非公開となっています

・ハロースクール&ほっとエリア運動 6月12月位に幼稚園~高校まで全ての地域に開放、何時でも何所でも開放し見学できる 学校の敷居を低くし地域の方々に教育力を高める

・県の予算の投入で少人数学習の推進で基礎学力の向上・定着 チームティーチングが出来る講師の配置
・学校評価制度の推進  県教育委員会が保護者に直接家庭に評価調査表の送付で、学校を通さず県教育委員会が回収し、学校を評価し改善策を学校と共同で授業のてこ入れを図る
・教育専門監制度 (スーパーティーチャー)現在25名 各々得意な授業の先生を、弱い科目の学校へ派遣をする学校に所属をしない先生
・学年科目単元評価問題をインターネットに載せ、学年における必要とする達成すべき問題と回答の導きを先生に伝達し確認していただく



竿燈祭りの練習をしていたので写しました




盛岡市の研修を終わり目的別研修として、最も短距離の宮古市 それでも2時間半に一本のJRで 片道2時間の距離の被災地宮古市へ行って来ました

多分大変な状況で公式訪問などできるはずもない とそう考え お話を伺えないとしても、是非この未曾有の災害を共感すべきと思い小さなお土産を持って同僚2名で伺いました

宮古市役所で被災証明の交付場所


宮古市役所1~2階部分が津波の被害を受けている


派遣自衛隊は撤収した後で自衛隊宮古地域事務所へ 北海道の自衛隊さんに助けられましたと感謝の弁を頂きました


被害に遭った銀行


大体がれきは片付けられ一部に点在の状況でした
大きな水産加工場は無く 腐敗臭はありませんでした


高台からの全景です


宮古には仮設住宅はだいぶん出来ているようです


約3メートルの防潮提がある場所


防潮提が無い場所


運転手さんからお聞きした話ですが、防潮提の有る所の住民の方は安心していたようで、約400名余の亡くなられた方がいるとの話でした
しかし 防潮提の無い所の住民の方は、危険だとの事 常に災害訓練をしていたそうです
そのお陰で 被害は無かったとお聞きしました

住宅など建物の被害は防潮堤が有る無しにかかわらず同じようでした

お話では宮古は水はけが良いので浸透しましたが、他所の水田など浸透の悪い所は防潮提で引き潮が止められ潮水がそのまま溜まってるやにお聞きしました

今 書き込みました事は正式にお聞きした話ではなく、車の運転手からお聞きしたお話である事をご理解ください

すれ違いました道警の警備車です


お会いした方です


宮古駅から秋田の宿泊場所に帰ります 多分23時過ぎになるでしょう


| 管理人 | 16:00 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |
銭湯について
「銭湯 錦湯さん」の経営者である旦那様の告別式が執り行われました

恵庭市において銭湯は「錦湯さん」「ラフォーレさん」、そして銭湯ではありませんが「恵庭の湯さん」となってしまいました

街中にあり徒歩や自転車など、また公共交通で行けるのは「錦湯さん」だけです

車の無い方や運転の出来ない方には、公共交通の便のある「錦湯さん」の存在はたいへん重宝されているようです

安価な「ラフフォーレさん」も有りますが、えこバスでの交通も要望は有るのですが、道路の幅員が足りず「危険の為」コースに設定できない事になっています

銭湯は家湯があったとしても高齢者の方々は、人との触れ合いを求め銭湯へとなるのでは?
是非とも残って営業を続けていただいている「錦湯さん」に頑張って続けて行っていただきたい!

その思いで なにか行政支援は?
と質問した経緯があります

憩いの家で入浴が出来ますので。との答弁でしたが憩いの家では週2回で一定の時間帯だけであり、そもそもの利用目的と相違があり決して銭湯の様な考え方での利用目的ではないはず!

錦湯さんは民間企業であることは間違いないのですが、これから進む高齢社会に必要とされる公共的存在の業種であると考えています
持続し営業を続けていただきたい、切にその様に考えます

葬儀委員長の挨拶にもありましたが、息子さんが後を引き継がれるとの事、コストを下げる為に廃油を加熱の原料にしており、皆様からの提供のお願いがありました

銭湯経営を続けられます事は、本当に嬉しい事で末永くお願いをしたい思いです

私の立場として市民の要望を頂ながら、必要とするならば政策として訴えていかねばと、ご霊影に手を合わせご冥福をお祈りしました




| 管理人 | 20:27 | comments (2) | trackback (0) | 仕事::報告 |
東日本大震災
恵庭市行政の初期の対応 3月17日現在



以降民間団体が精力的に義援金の募金活動を行われています

被災者へ別荘の住居を貸し出すとか、都市ホテルの格安で宿泊させるなどの新聞報道がありますが、高齢者のいるご家族へ住居の温かい支援の方法はもっと行政として出来ないものでしょうか?

恵庭市には厚生労働省の雇用促進住宅が耐震が不備・エレベータが不備、もしもそれでよければ!
たくさんある空き室を貸し出せばー

防衛省の官舎の空き室を隊員の福利厚生に問題が生じないのなら、それも貸し出すことは出来ないだろうか?

民間のアパートなどの空き室、全国にたくさんあるのでは?
家主にボランティアの貸し出しのお願いは出来ないだろうか?


この事は国レベルの政治的主導の大切な判断

政治家が判断しなかったら誰がするのですか!!


国民の救済が第一!!


| 管理人 | 08:29 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |


お知らせ
平成29年度第4定例議会が終了しました

自民党議員団 清和会 では、12月18日(月)10時より15時まで恵庭市内の適宜な場所で、この度行われました議会について、各々の担当した議決事項や報告事項について、議会報告として清和会派所属議員が街頭演説をいたします。

どうぞ、お近くにお寄りの節には声掛けや応援を宜しくお願い致します。


「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示