Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2020 - 01  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

Prev1234567...80Next
ローカルカフェ


第4回のローカルカフェを開催します

1月16日(木)15:30~1730の間

会場 カフェ はれる屋さん  本町17

場所が分かりずらいかも知れません
昔のNTT跡の向かいです
元美容室でした


第5回のローカルカフェは

1月17日(金)10:00~12:00

会場 えにあすの2階会議室です

いろんな話をお聞きしたいと思います
是非、お気軽にお声を聞かせて下さい

私達は、肩を張らずに雑談からしたいと思っています

ご支援ください
宜しくお願いいします



| 管理人 | 06:58 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告 |
部活動の方針


肯定
学校教育の一環として行われる部活動は、異年齢との交流、生徒同士や教師とのコミュニティの構築、又、自身が自己肯定感の高め、多様な学びや経験を積む場として教育的意義が大きい

否定
部活動は、生徒の自主的、自発的な参加により行われるもの
部活動への参加の義務づけや、活動を強制が無いよう留意

適切な休養日の設定
学期中は
週当たり2日以上の休養日を設ける
週末に大会や発表会があり休みが取れなければ翌日に休養日を振り替える

学校休養日は
朝練習、自主練習は行わない

夏休みなど長期の休養日時には、部活もある程度長期のオフシーズンを設ける

1日の活動時間は、平日では2時間程度、週末は3時間程度

中体連など認められる大会など有る練習は、1ヶ月以内から特例として、弾力的な活動時間の設定を可能とする

活動時間の上限は、長くとも平日は3時間程度、週末や学校休養日は4時間程度、1週間の活動時間は16時間程度とする

部活動の充実に向けて
1、部活動指導の充実を図る取り組み
2、女子の指導に当たっての留意点
3、部活動顧問と生徒の信頼関係づくり
4、部活動内の生徒間の人間関係形成、リーダー育成等の集団作り
5、家庭や地域との連携を図る取り組み
6、障がいのある生徒の部活動の充実

相当熟読したが、どうにもストーンとは私には落ちてこないが、どうだろうか?
難しい!?


| 管理人 | 15:03 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告 |
農業における外国人技能実習生の受け入れサポート事業
外国人技能実習生の受け入れ促進と多様な人材確保に繋がる新たなモデル事業が行われます

応募要件に合致した2農家の方が手を上げ、ベトナムより3名の技能実習生として来恵されると報告がありました

恵庭市としては、受け入れ環境整備に要する経費として1農家上限10万円として助成を致します

農家の方には労働者不足は深刻であると聞いています
だからこそ、少子高齢化を迎える供給基地として重要な食の産業には、外国人の労働者の力を借りなくてはなりません

私は、重要な担い手として考えていかなくてはならないと考えています
臨時雇いの感覚での就労環境であったならばこの事業は上手くいかないでしょう

そうして、夏季の忙しい時だけではなく通年で仕事があることが必要です
これが北海道の農家の方には難しい課題ではないでしょうか?
雪が降り、土地は凍れてしまう、だから何処かへ出稼ぎに
これが、今までのパターンでしょう?

しかし、今回の2件の受け入れ農家の方は、通年の花卉栽培をハウスで行われています
冬も仕事はあります
通年で働くことができます

次には文化や言語、生活習慣の違いによる地域住民とのトラブルや孤立感!の創出
心休まる居住環境の整備や、日本の最低賃金を必ず手にできる事
等など心配や課題を想像できます

その様な課題などを整理するに主務大臣より許可を受けた「管理団体」の関りが求められ事となります

この度は、農家、恵庭市、JA道央が連携した中で実施する全道的には初めとなる事業です

私としては、安定して外国人労働者が恵庭市民の一角に入っていただければいいと感じています

| 管理人 | 10:09 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告 |
令和元年第4定例会
第4定例会最終日に「国会における憲法論議についての意見書」を、自民党恵義会・自民党議員団清和会・公明党・市民希望の会より、議員提案として提出しました



賛成は、 自民党恵義会・自民党議員団清和会・公明党・市民希望の会 ⇒16名 

反対は、 市民ネット・民主の会 ⇒3名

よって、賛成多数につき採択され国へ意見書を恵庭市議会の意思として提出されます

反対会派からは
・今の憲法がこれまでの日本の発展にどの様な役割を果たしているのか?見解を
・軍事費1%以内が経済の発展に寄与したと思うが?見解を
・恵庭市の公益とどの様な関係か?
・憲法改正論議が進まない理由は?
・公務員は憲法論議に加われないのではないか?
・改憲自体が目的ではないのか?
・具体的な改憲の項目を教えていただきたい
・提案者全員の意見を聴きたい
・様々な手続きが出来るのに何故改憲なのか?
などの諸々の質疑が出されました(多くあり書き留められない部分もあります。ご理解ください)

恵義会川股会長から

この様に各派から憲法について質疑を頂いて本当にありがたい
皆さんから疑問や課題など、今の憲法について議論を頂きました
70年間改正されずに今を迎えております
今の時代は脈々と変容し市民生活や国民生活や考え方が変化してきております
だからこそ日本国民の進むべき道を示す憲法について議論すべき時期ではないでしょうか?
国民の広い意見を集約して日本国憲法の改正について議論をして頂きたい
そのことが国会の役目ではないでしょうか?
この事こそ、発議の権能の無い地方議会ですらこのような議論を頂きました
感謝します

この様な含意を国会へ求める意見書で御座います
何卒宜しくご理解を賜りますようお願い申し上げます

私の要約のメモ書きでありますが、抜けた部分や加筆があるかもしれません
お許しいただけますようお願いします

何とか国民の間に於いて議論が高まりますようお願いします






| 管理人 | 08:37 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告::常任委員会報告 |
経済建設常任委員会報告
市民から頂いた”陳情”「南18号線の一部に歩道設置を求める陳情書」が3たび継続となりました







以上が、提出されています各資料です

私の立場は、採択し恵庭市としてどの様にこの要望に応えることができるかを精査すべしとするものです。

しかしながら
採択すべしは、川原・小橋(恵義会)

判断できず継続すべしは、伊藤・早坂(清和会)、林(市民希望の会)、松島(公明党)

で3度目の継続となりました

私は、9月に提出され議会として現地調査など充分に実施、また、課題があるとすれば住民を代表する議員として、各々が調査する時間はあるはずで、所管の答えのみで継続審査と判断するのは議会としての権能を生かしてはいないのではないか?
平成17年に採択されながらも事業が執行されなかった課題や懸案は、2枚の参考資料に基づいてその変遷と変化は提示されており、この度の提案者と地域との関係についても各々での調査は可能と考えています

よって、市民の権利としての陳情に対して、適切な調査期間を持ったら早急に議会の判断を示すことが議会のあるべき姿ではないでしょうか?と委員会で申し上げたのですが残念ながら冬場の現調をしたい。
と継続となりました

9月の現調ですら、路肩に立っていてもダンプなど大型車が通行すると危険を感じる状態なのに、冬の状態を見たい、とは?
私から言わせれば、所管が工事にかかる前の実地設計の事前調査をすることと同じようなことではないかと思ってしまう

議会の陳情に対する立場としては

市民から陳情が提出されたならばその事が住民の福祉向上に繋がるのか?
また、費用対効果の推移についてはどうなのか?
まちづくりの影響については如何なのか?
その事業の意義について市民へしつかりと説明が出来るのか?
特定の利益のみに寄与とならないのか?
等など、諸々の各議員の立場で提出された陳情について調査の上、価値判断していくものと考えています

よって、技術的な事、かかる経費などについては採択後、所管から出された設計について費用が掛かりすぎる、こうは出来ないか?など議会として審査させていただくものと考えています

| 管理人 | 09:37 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告::常任委員会報告 |
Prev1234567...80Next


お知らせ
新会派結成

恵庭市議会 自民党

「恵義会」

会是

 私たちは、人として議会人としての条理に従い、公共に汗を流すことを第一義とする政策集団である。




かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示