Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2020 - 07  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

Prev1234567...21Next
経済建設常任委員会報告
陳情の審査について

陳情第3号 緊急に消費税5%減税の政治決断を求める意見書の提出を求める陳情

新型コロナウイルスの感染拡大が経済に重大な打撃を及ぼしている
景気は、感染症の影響により急速に悪化しており、経済対策に消費税を5%に引き下げることが必要とのこと

私は、この先の第1臨時議会に於いて、「消費税増税低所得者軽減強化に伴う介護保険料の改正」を可決しました

改正の内容は
平成27年4月1日から消費税による公費を投入し、低所得者の保険料の軽減強化が図られています
昨年10月に消費税の10%の引き上げが実施されました
そのことに伴い、消費税の投入による介護保険料金の負担割合の軽減が更になされたところです

第1段階 0.275➡0.2へ
第2段階 0.425➡0.3へ
第3段階 0.575➡0.55へ

低所得者層への負担率が軽減されました
その様なことから、低所得者層へ配慮されている制度へ逆行するものであり、その事への他の財源を見出せないと考え不採択と判断しました

全会一致で不採択となりました


陳情第2号  南18号線の安全対策を求める陳情書

歩道という言葉が「安全対策」と変わりました
陳情提出者が本田病院1者から町内会・島松寺が加わり、3者での陳情提出となりました

再提出されました

私共恵義会では最初から賛成の採択です

私は、採択されましたら実効性を担保するための質疑を致しました



しつかりと前向きな、そうして具体的な答弁を頂くことが出来
全会一致で採択されました




| 管理人 | 14:14 | comments (0) | trackback (0) | 議会報告::常任委員会報告 |
経済建設常任委員会
昨日、私が所属する経済建設常任委員会が開催され、市民生活に関わる重要な報告など提案されました

新型コロナウイルスに関わる第1弾・第2弾・第3弾の経済対策への成果など中間報告がありました
各金融対策の保証料・利子補給・小口資金に対応する貸付などへ多くの事業者がこの苦境の状態を乗り越えるべく制度の活用が為されています
有難いことです
是非頑張って、平常に早く戻っていただきたいと願っています

特に、特筆すべきと思うのは第1弾に提案された
「個人事業者小規模事業者営業緊急支援金 30,000円」の支援です
予定では300件の900万円を予算していたのですが、6月17日現在で「446件」の支給が為され第3弾で600万円を補正予算で可決しました

第2弾に提案された
「事業者小規模事業者営業支援金300,000円・250,000円・200,000円」のいずれか支援です
予定では、2億1,300万円の予算が、6月17日現在で「499件」の支給が為され第3弾により以後の増加を予測し7,500万円を補正予算で可決しました

また、第3弾で計画をした全市民へ配布する一人当たり5,000円~6,000円の商品券配布事業について、実施に向けて進めているところ、具体策については決まり次第報告しますとのことです
現在、担当する経済部では平常の変わらぬ事業と、経済対策の諸々の市民対応など強烈な仕事に追われており、やむを得ない状況と考えています
実施されましたならば、是非とも商品券の活用により皆さんが元気を取り戻して頂きたいと願います

花の拠点事業も着実に進んでおり令和4年に開業するホテルと基本協定を結んだと報告があり、施設使用料の概ねの金額も提示され後日に条例提案がなされ後日の常任委員会で審議が開始されます

全国都市緑化北海道フェアーの令和4年花の拠点での開催について報告がありました
主催3者は、北海道・恵庭市・公益財団法人都市緑化機構です
私から、準備事務所を花の拠点センターハウスに於くことで、PRにもなる又関係者が出入りすることで賑わいが醸し出され飲食などの消費も促されるのではないか?と意見を申し上げました
会場計画の中で考えていきますとの答弁でした

恵庭第一病院横の恵庭跨線橋老朽化修繕方法の工法が報告されました
対策方法の選定は
更新案の採用となりました
橋脚をそのまま活用し通学路をそのまま残し、上部版を取り換える工法です
併せて、線路上、自動車学校側の部分も調査を開始していくとの報告でした

緊急貯水槽整備工事の進捗は、恵み野花の拠点に設置されたと報告がありました
これは恵庭市内4ヶ所に整備を予定している最初の応急給水拠点です
災害発生時に広域的な断水した時に給水が出来る施設であり、火事の時点でも使うことが出来る災害対策施設です

コロナ災害に関わる水道・下水道料金の支払い猶予は、6月11日現在で48件 498,700円と報告がありました

恵庭の元気回復と、未来の恵庭を創り続けていく持続可能な常任委員会でした

また、陳情についての議論は後日の報告といたします






| 管理人 | 10:00 | comments (0) | trackback (0) | 議会報告::常任委員会報告 |
恵庭市職業訓練センター


残念ですが廃止となるようです

恵庭のモノ作りの技術はどの様に伝承していくのでしょうね

昔は、師弟関係、親方や見習い、丁稚、などで技術が伝えられたと思うのですが今ではAIなどのコンパクト化やパッケージ化などで、多様性が求められなくなったのでしょうか?

私は、技術習得の求めがあった時に対応できるよう廃止後には経済部に窓口を設け他市の訓練センターの紹介や相談に乗っていたけるよう求めました

経済部に於いてはその様に検討していきたいと答弁がありました

| 管理人 | 07:52 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告::常任委員会報告 |
令和元年第4定例会
第4定例会最終日に「国会における憲法論議についての意見書」を、自民党恵義会・自民党議員団清和会・公明党・市民希望の会より、議員提案として提出しました



賛成は、 自民党恵義会・自民党議員団清和会・公明党・市民希望の会 ⇒16名 

反対は、 市民ネット・民主の会 ⇒3名

よって、賛成多数につき採択され国へ意見書を恵庭市議会の意思として提出されます

反対会派からは
・今の憲法がこれまでの日本の発展にどの様な役割を果たしているのか?見解を
・軍事費1%以内が経済の発展に寄与したと思うが?見解を
・恵庭市の公益とどの様な関係か?
・憲法改正論議が進まない理由は?
・公務員は憲法論議に加われないのではないか?
・改憲自体が目的ではないのか?
・具体的な改憲の項目を教えていただきたい
・提案者全員の意見を聴きたい
・様々な手続きが出来るのに何故改憲なのか?
などの諸々の質疑が出されました(多くあり書き留められない部分もあります。ご理解ください)

恵義会川股会長から

この様に各派から憲法について質疑を頂いて本当にありがたい
皆さんから疑問や課題など、今の憲法について議論を頂きました
70年間改正されずに今を迎えております
今の時代は脈々と変容し市民生活や国民生活や考え方が変化してきております
だからこそ日本国民の進むべき道を示す憲法について議論すべき時期ではないでしょうか?
国民の広い意見を集約して日本国憲法の改正について議論をして頂きたい
そのことが国会の役目ではないでしょうか?
この事こそ、発議の権能の無い地方議会ですらこのような議論を頂きました
感謝します

この様な含意を国会へ求める意見書で御座います
何卒宜しくご理解を賜りますようお願い申し上げます

私の要約のメモ書きでありますが、抜けた部分や加筆があるかもしれません
お許しいただけますようお願いします

何とか国民の間に於いて議論が高まりますようお願いします






| 管理人 | 08:37 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告::常任委員会報告 |
経済建設常任委員会報告
市民から頂いた”陳情”「南18号線の一部に歩道設置を求める陳情書」が3たび継続となりました







以上が、提出されています各資料です

私の立場は、採択し恵庭市としてどの様にこの要望に応えることができるかを精査すべしとするものです。

しかしながら
採択すべしは、川原・小橋(恵義会)

判断できず継続すべしは、伊藤・早坂(清和会)、林(市民希望の会)、松島(公明党)

で3度目の継続となりました

私は、9月に提出され議会として現地調査など充分に実施、また、課題があるとすれば住民を代表する議員として、各々が調査する時間はあるはずで、所管の答えのみで継続審査と判断するのは議会としての権能を生かしてはいないのではないか?
平成17年に採択されながらも事業が執行されなかった課題や懸案は、2枚の参考資料に基づいてその変遷と変化は提示されており、この度の提案者と地域との関係についても各々での調査は可能と考えています

よって、市民の権利としての陳情に対して、適切な調査期間を持ったら早急に議会の判断を示すことが議会のあるべき姿ではないでしょうか?と委員会で申し上げたのですが残念ながら冬場の現調をしたい。
と継続となりました

9月の現調ですら、路肩に立っていてもダンプなど大型車が通行すると危険を感じる状態なのに、冬の状態を見たい、とは?
私から言わせれば、所管が工事にかかる前の実地設計の事前調査をすることと同じようなことではないかと思ってしまう

議会の陳情に対する立場としては

市民から陳情が提出されたならばその事が住民の福祉向上に繋がるのか?
また、費用対効果の推移についてはどうなのか?
まちづくりの影響については如何なのか?
その事業の意義について市民へしつかりと説明が出来るのか?
特定の利益のみに寄与とならないのか?
等など、諸々の各議員の立場で提出された陳情について調査の上、価値判断していくものと考えています

よって、技術的な事、かかる経費などについては採択後、所管から出された設計について費用が掛かりすぎる、こうは出来ないか?など議会として審査させていただくものと考えています

| 管理人 | 09:37 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告::常任委員会報告 |
Prev1234567...21Next


お知らせ
新会派結成

恵庭市議会 自民党

「恵義会」

会是

 私たちは、人として議会人としての条理に従い、公共に汗を流すことを第一義とする政策集団である。




かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示