Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2018 - 10  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

恵庭市振興公社の件
先日の総務文教常任委員会に於いて、新聞報道にありました宅地建物取引士の専任問題についての報告がありました

私も、前期に於いては総務文教常任委員長の立場で、恵庭市振興公社の副理事長職を兼務、財務諸表の精査などしておりました

振興公社の実態は、取引もなくこれから事業として何かを行う予定もなく、その上借財も全て返済が終わり、余計な事務事業が存在することで発生する。ならば解散を視野に入れて協議しましょうと、何回か会議を済ませていたところでした。
そうこうして1年が経過したころに、この新聞報道となったところでした

私自身も、何を、今さら、如何したのかな? 突然なそんな思いでした!?

改めて、ペーパーにて事の次第と対応について、報告がありましたのでUPしました









| 管理人 | 08:07 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告::常任委員会報告 |
総務文教常任委員会
「緑と語らいの広場 複合施設 えにあす」 の民間活力の導入(PPP方式)について、3月開催された総務文教常任委員会で某議員が下記のように質問しました。

 要約しますと、かかる経費について最初に言っていたのは20年間で10億円だったのが、結果的に30年間で27億円。警備費が340万円開館時間の延長で増えた要素はあるが、最初の話と2年間で大きく変わり、議決の手続きの無い中進んでいった。今後PPP方式を進めるときに、こういった形で最初は10億円で出来ますよ。それが結果的に30億円かかりました。となればPPP方式の導入で利益があるのか疑問?と発言されました。

 このことを受けて今回調査をし、今までの審議状況や私が賛成をした根拠や、忘れていたことも再度調査をし、そのことを今回の閉会中の常任委員会で裏付けをもって間違いのない判断を再確認をした発言内容です

 平成28年8月に可能性調査数字から始めて、時系列的に見ていくと維持管理上その時々の必要不可欠な各案件を精査、固められた各種要因の数字を積み上げられ、報告と整合の取れた契約で共用が開始されていることは、今までの各総務文教常任委員会での費用試算の報告で、私が認識していた通りと改めて確認出来ました。
 
 そこで、表の2について、計画時に報告された費用の数字を、契約終了後の固めた共用開始時と同条件にして比較対照の出来るためにした資料であると思うが、それを見ると30年合計では、まだ事業者主体者も決まらない状況の中で計画されたものと殆んど同じような費用総額であり、予算確定時においてもVFMもしっかりと7,2%の数字が生み出され、計画から執行まで間違いのない精査された進捗の報告であったと感じました。

 さて質問ですが、この度、公設公営ではなく、今回採用されたPPP方式の民間活力の導入を図ったことにより、市民へ分かり易い情報を共有するため、単年度では幾らの市税投入の軽減が出来、30年間では幾らの軽減を図ったと市民へ説明出来るのか伺います?


 答弁では、公設公営建設運営で実施したとする金額と、この度のアルファーコートによるPPP方式の民間活力の導入で、市税の投入の軽減額は「単年度で530万円」 「30年間に置き換えると1億6000万円」程の軽減されるものと考えております。とありました

 その他、計算では算定できない市への貢献は、併設する民間事業者による地元雇用、集約した後残った公用地の民間売却で得る固定資産税収入やその後活用される幾多の税を生み出す行為、えにあすを建設した地元建設事業者への経済波及効果等などがあります。とありました

 確かに、メリットばかりではなくリスクもあると思いますが、そこを精査するのが議会の役割です。

 これからは、市民サービスを税負担を最大限削減しながら効果のあるものを考えていくときには、この「民間活力PPP方式」の導入は重要なことと考えています

 今回は、明確な正しい判断をしたことを伝えなければ、このままのいい加減な発言で終われば、市民の皆さんに間違った疑惑や不信感を与えてしまうと考え、あえて振り戻り再度の調査をし、発言をしました



 

| 管理人 | 16:56 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告::常任委員会報告 |
総務文教常任委員会
昨日 常任委員会が開催されました



私は
NO1 恵庭市防災会議及び恵庭市国民保護協議会について
・物資輸送の円滑化 (輸送拠点として活用可能な民間事業者施設の把握)について、どの様なことをお考えか質したところ、市内における大型の倉庫などお持ちの民間業者の方との連携を考えているとの答弁でした)
私としては、輸送や物品の仕分けや再配送などをお聞きしたかったのですが時間的に無理でしたのでまたの機会を捉えて質したいと考えています

NO5-1 行政改革の推進について
・恵庭市PPPに関する基本方針 (民間にできることは民間に)
私は、公共的事業で民間に任せても問題のない事業は、できる限り行政で抱え込まず民間に任せたほうが最小の経費で最大の効果を生み出せると私は考えています
問題は、そうするには民間をリードできる力が行政・職員になくてはいけない! それが大前提ですし、新たな事業を発想したときに民間に任せても効果についてどうだろうか?と考える視野を必ず持つことが重要ではないか
その様な話をしたところ、方針の大要に「民間活力を活用した事業実施の検討と職員の意識向上」を定めているとの答弁を貰いました

NO5-2 まちづくり基本条例の見直しについて
・検討体制のうち  (市民検討委員会についての公募市民についての質疑をしました)
私は、まちづくりには市民の責務として各々が協働しまちをつくるとして広がりを見せているところですが、残念ながら地域のリーダーにその意識の濃淡を感じることから改めてそのようなご意見もいただきながら進めるべきでなないだろうか?とお考えを伺いました
答弁では、理解されている方をもっと深めることで広がりを期待したいとのお話でした

NO8 「えにわシティセールス事業」の取り組みについて
・えにわの認知度を高めたいとの事業ですが、私は、この度の藤枝市とのコラボで作り上げたスイーツをアップするだけでは恵庭市を知ってもらえない。恵庭の方々が頭を突き合わせ藤枝の方と話したりしている姿や製造過程で市民が割ぽう着を着て、必死で心を込めて製造している姿を動画でアピールすることが、恵庭市民を大事にしている姿と認識されるのではないかとお話をしました
理解はして頂いたのですが、市民検討会議で提案するとの話でした
行動としては遅いですが、民間の社長の決断で進めることとは違い、公共の行政の仕方のない姿かもしれません

NO12 平成29年度全国学力・学習状況調査の結果について
・全体としては、恵庭市は小学校・中学校とも好成績で安心したところですが、私の想いは恵庭市は読書のまち、子どもたちは朝読書など本が大好きな子がたくさんいるまちと思っています
ですから、小中とも読解力とか推察する力など文系はよそに比べて断トツに良いのだろうと思い細かく細分化し調べてみたところが、意外や意外どちらかと言えば良くないほうの部類が多くありりました
思わず、のことについて分析の見解を尋ねました
教育長から、あくまで一部分的正解率であり全てが良くないとの評価ではありませんとの答えでした
私も、その通りだと考え読書は水を撒いて明日芽が出るものではなく肥しとなり種に力を与え膨らみを持たせ、波風に耐えられる力強い人間を育てるものと認識しています
本市の読書をこれからもよろしくお願いします。と述べました

NO13 平成29年度全国体力・運動能力等調査の結果について
・本市の小中とも全国・全道を上回っており嬉しい限りですが、種目を個別で見ると小学校はバランスが整っているが中学校になると女子も男子も「握力・ハンドボール投げ」ともに全国・全道よりも低い、小学校では良くて中学になると下がっていることについての分析の見解を伺いました
得意不得意はあるにしても成長期には、バランスよく育っていってほしい。中学教育についてもそのことを認識しながら教育に当たりたいとの答弁でした


| 管理人 | 09:36 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告::常任委員会報告 |
総務文教常任委員会
8日に閉会中の常任委員会が開催されました


1、ティマル市との姉妹締結が10周年を迎えることとなりました
記念行事の参加のため代表団が訪問すると報告がありました
また、2020年の東京オリンピックの際、恵庭をニュージーランドのホストタウン登録を申請すると報告がありました
(私は、現在は種目は判らいとしても是非恵庭に来ていただき子どもたちと交流の機会をとお願いしました)

2-1 恵庭市総合戦略の改定について
昨年策定した戦略を、人口増加の街として上方修正を図るもの。平成32年には70,000人として
そして、そのことにつながる”重要業績評価指標”KPIに向けた、具体的な施策・事業の改正について
(私は、駅待ちプラザの成果を上げるための客導線について修正をと述べたところ、空中歩廊の所管する建設部と協議するとの答えでした。また、市の業務である窓口サービスの向上の施策について具体的なものを質しまし、委員会を立ち上げに詰めるとの答弁でした。また、札幌政令都市との連携中枢都市圏について、恵庭市の為になるものであり本市にとって価値あるものと理解すると私の意見を述べたところ、3月の委員会にて報告させていただくとの答弁でした)

3、ふるさと納税推進事業について
今までの「ふるさとチョイス」に「さとふる」を加え、昨年の4月から12月までの大幅に伸びた実績”1億9千900万円”が報告されました。平成28年度は9千900万円だったものが倍増となりました
(私は、先に東京八王子市の居酒屋で恵庭市のふるさと納税の推奨を書き込んだパンフレットを目にしまし、そのことを例としてインターネットで返礼品を煽るのも一っの方法だが、ふるさと納税に興味のない方へも活字体で恵庭市のシティプロモーションとして重要なことではないかと質したところ、スカイラークへもパンフレットの配布依頼はしているとのこと、それは良いこと!総合戦略や市長公約にもあり是非進めてい戴きたいと述べました)

6、郷土資料のデジタル化や3D画像化をはかり公開すると報告がありました
(私は、財源が図書館振興財団の500万円の助成事業である確認と、指定管理者である図書館流通会社の協力を得ながら、全国組織を使い恵庭市のシティプロモーションを図るべきではないかと質したところ、そのようなことも考えながら進めていきたいとの答弁がありました)

| 管理人 | 10:33 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告::常任委員会報告 |
総務文教常任委員会
昨日8日に総務文教常任委員会が開催され、「平成28年度決算財務書類」が発表されました

平成28年度決算については、先の第3定例会にて認定はされており、何ら問題はないのですが、行政の会計手法は「単年度会計の現金主義」の会計となっています

しかし、総務省から新地方公会計にするべく要請があり統一的な基準に基づき財務書類を作成したものです

通常の企業で行われています「発生主義・複式簿記」で作成されたものです
そのことにより、現金収入支出を伴わないもの(費用・収益)や資産・負債の把握が可能となり、財政状態が明確にわかる状態となります



建物・道路・設備などのすべての公共資産が金額に置き換えて示されています
恵庭市の一般会計総資産は 「1、184億6,500万円」となります
その内訳は
負債合計   「292億1,200万円」
純資産合計 「892億5,200万円」
となっています

つまり、極論ですが
ここで恵庭市を辞めます。と言って清算をするときには、借金を全て返し終わっても、892億5,200万円残っています。と言う事になります
まー、ありえない話ですが、
未来の次世代の方々のために資産を残してあります。と言う事でしょうか?

負債については、道路とか公共施設とかインフラの設備などは、現生の我々が払っていますが、これから恵庭に住み安心して公共施設の受益を得る方々にも、共にお支払いを頂きましょう。
とする考え方です。

つまり、恵庭市の財政は健全ですと言う事です

よく 恵庭市の借金は市民一人当たり幾らだと、不安をあおる論調の方もいらっしゃいますが、全く当に得ていません!
考え方は、将来の皆さんや現生の私たちで、活用し返済していくための掛かる経費費用の平準化を図るとする、個人の家計簿と違う公共の仕組みとなっています。

水道会計・下水道会計は既に、全てを企業会計の複式簿記で表しております。よって、この記載には計上されていませんのでご了解のほど




| 管理人 | 11:41 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告::常任委員会報告 |


お知らせ
11月1日(木)11時

市民会館大ホール

恵庭市功労者表彰が開催されます

おめでとうございます

「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示