Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2018 - 08  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

厚生消防常任委員会、私は委員でないので傍聴
 恵浄殿及び恵庭墓園の指定管理者の指定について
恵庭クリーンサービスが116、865千円(3年間)で指定、評価点89.79点  A.85.06 B.87.61 C.75.75 D.68.72 E.81.00
全会一致で可決

 老人福祉施設6施設の指定管理者の指定について
東京のNPO法人ワーカーズコープが109,638千円(5年間)で指定、評価点94.07点   A87.00  B91.05
6施設を分離すると、地元企業が競争に参加し易くなるのではないか?との議論があり「次の更新時に考慮する」との返答。
全会一致で可決

 恵庭市福住憩の家の指定管理者の指定について
NPO法人恵庭市手をつなぐ育成会が15,500千円(5年間)で指定、評価点90点 1団体のみの応募
障害者自立支援を推進するのに、拡大してゆくべきだとの議論がありました。
全会一致で可決

 恵庭市屋内ゲートボール場の指定管理者の指定について
尾崎設備工業株式会社が26,250千円(5年間)で指定、評価点92点  1社のみの応募
福祉厚生施設であるが、スポーツ施設の実態であり方向転換が必要となる。5年間の中での契約には、目的の変更が生ずるかも知れないとの文言の明記が必要ではないか?と議論が交わされた。
清和会・市民の会 可決 ・ 民主 否決   起立採決で可決

 指定管理者の指定は5年・3年ですが、毎年年度協定を結びます(基本的には物価変動は管理者が負うのですが、20%以上の変動があった場合に年度契約にて変更を考慮するとなっています)

 認定こども園運営に関する陳情書
Q,地方裁量型の認定こども園については、地域で応援すべきではないか?
  A,  賃金補助は出来ないので、職員の健康診断4、750円・検便・集団検診20、000円・3歳児未満の入園奨励金3、000円などを、支援している。また国・道に要望を上げている。我が市では厳しい予算の中で、どうできるかを「努力検討」している。
審査の必要があるので、全会一致で継続審査となりました。

| 管理人 | 21:54 | comments (0) | trackback (0) | 議会報告::常任委員会報告 |
総務文教常任委員会、私は委員でないので傍聴者
恵庭市立学校施設の開放に関する条例
19:00~21:00でスポーツ少年団は、特例で17:00よりの開放を認める。
利用料金は1団体(恵庭市の市民・通学・通勤している者で、10名以上で大人が1名付いている)1時間「高校生以上300円」「中学生以下150円」 *団体料金です
それにより収入は200万円程度考えている。今まで2,122千円学校開放に掛かっていた分に充当します。
支払方法は、半年分を先払いし、後年度で調整をします。スポーツ課にて「調整集金」業務はしますが、それにより職員増にはなりません。
子供はただにして、その分を大人に上乗せしたら?など議論があったが他のスポーツ施設の整合性を取る為、前述のようになりました。
採択し採決したところ、公明党・共産党・清和会が賛成 民主党が反対 よって可決されました。

恵庭市体育施設の使用料の改正条例
議論になったのは、市内に居住する中学生以下の子供は無料だが、市外の子供には「二分の一」負担して貰う。大会などの時に違和感を感ずる事があるのではないか?
教育委員会としては、市の税金で賄っており如何かと思うが、市長部局と協議を進めてゆくとの返答があった。
65歳以上の方からも「有料」とすることに、疑義が問われました。
教育委員会としては、「広く薄くの公平の原則」で行うが、福祉の政策の分野で軽減の関係が出てくるかもしれません。との返答がありました。
採択し採決したところ、全会一致で可決されました。

9月15日島松体育館の管理人が、勤務中飲酒をし、酩酊の上、市民に不快な思いと、危険な行為をした。との謝罪報告がありました。

恵庭市民会館、島松公民館、地区会館の指定管理者について、1社のみの応募であり、予定金額677,595千円と応募金額648,975千円(5年間合計の金額)の比率は95.8%と他区分の指定管理者応募金額比率の中で一番の高比率であり、審査採点結果が妥当と思われない点数が付いており、大いに問題であると議論された。
この応募業者は、上記の島松体育館を、その時指定管理者として、指定されていた事業者です。
採択し採決をしたところ、全会一致で否決されました。

9月15日事故が起こり、指定管理者の選定審査をしたのが10月28日、選定委員である幹部職員にはこの事実は知らず、知っていたのは関係者である教育委員会の部長のみであり、選考にはなんら評価の対象となっていなかった。知ったのは選定した後の11月17日だそうです。
厳正中立に評価したとする、仕組みはただパフォーマンスのみであり、実の入っていない豆のさやではないだろうかと感ずるのは私だけでしょうか。
なにかが、欠けていませんか!

総務文教常任委員会は、審議未了の為12月15日(月)9:30より開催されます。





| 管理人 | 19:25 | comments (0) | trackback (0) | 議会報告::常任委員会報告 |
経済建設常任委員会の開催について
常任委員として質問の準備を7点致しました。
1点目、企業誘致活動の状況について。
 千歳市の好調な企業誘致活動と対比し、我が市はいかなる活動になっているのかを質問致しました。
本契約が1件の成立であり、まだ契約まではいっていないが、2~3件引き合いがあるとの報告です。
また企業の初期投資抑制施策として、誘致活動が促進される「リース方式」を進める為、空き倉庫や空き工場などの写真を撮り鋭意営業をしていますとの返答でした。  まだ努力は足りないのではないですか×

2点目、恵庭橋の開通式について
 道路暫定税率失効に伴い、恵庭橋工事の工期の変更による、恵庭市の支出が増大する事に対し、経済建設常任委員会としては、完成ガ伸びる事に危惧を感じ議論をし、市の単費にても進めるべきだと腹をくくるまでの係わりをしたり、また10月のブログにも書き込んだとおり現地調査をもし、大いにかかわりがあったはず、しかし開通式は近隣の町内会で開催したとの事、行政の部分はパンフレットのお手伝いをしただけ、その理由は新設ではなく架け替え工事であるからとの答えでした。経済建設常任委員長は出席致しましたが、開通のお祝いを、立場上一緒にお祝いをしたかったの思いはあり、なんとなく釈然としない気持ちでした。
事業費は総額7億6千万円(内訳は恵庭市と開発局との分担です)

3点目、世界不況の折、恵庭市として中小零細企業に年末・年度末の運転資金として、臨時のセーフティーネット貸付を考えるべきではないかと質しました。
北海道企業倒産件数集計では
2008年4月~9月 倒産件数  274件   負債総額  1,072億9千万円                                2007年  同月   倒産件数   185件   負債総額    744億8千4百万円
恵庭市内倒産集計では 
2008年4月~9月  倒産件数   3件   負債総額  18億2千7百万円  
2007年  同月    倒産件数     0件  負債総額      0円
 恵庭市では、過去拓銀破綻による安定策として、平成9年12月~平成10年3月まで期間、通常の市融資ではなく別枠で、「緊急特別貸付制度」を創設し、90件の利用があった。また平成12年12月~平成13年3月までの期間、凶牛病などの経済不況に対しても同様な制度により、26件の利用があった、また恵庭市へ商工会議所経由ですが、企業から経営が継続出来非常に喜ばれた融資であった太陽との報告がありました。
また副市長から、12月の年末にむけて対応できるべく前向きに、検討に入りたいとの発言を得る事が出来ました。

4点目、市営住宅の駐車場を2台目の利用に対しての検討状況を、確認したかったのですが、時間が無く断念しました。
5点目、中心市街地活性化法に基く、活性化基本計画策定の取り組みを、岩見沢市、富良野市、が20年度認定された経緯を含め確認したかったのですが、時間切れのため断念しました。

 独立行政法人雇用・能力開発機構より戸磯・恵み野南・恵み野北にある{雇用促進住宅}の譲渡・廃止に向けた恵庭市の対応について報告がありました。
恵庭市が買い取るとなると、3箇所で6億8千万円「市営住宅」とするには公住法により改修をすると、4億円の費用が掛かる。よって恵庭市では購入しないとの決定です。

ただし現在入居している方は、平成22年11月30日まで退去を責められております。

 私はこの事態に対応する為には、市は救済の手を差し伸べなくてはいけないのではないかと質問しました。
現在128戸の方のうち、市営住宅に入居希望の方は13戸であり、この度の抽選で1名の方のみの当選で入居となりました。
また市営住宅には、所得制限があり難しい条件であるようです。

 厚労省の無駄な政策のツケが市民に向けられている事には憤りを感じます。地方自治体に買わせるのではなく「無料で譲渡」すべきなのではないかと強く思います。

 {恵庭駅西口再開発事業}については、B社提案のショッピングセンター・シルバー系賃貸住宅・金融機関などの事業費24億円の案が採用され、検討に入ったと報告がありました。
しかし恵庭市の費用負担分も含め、「財政収支計画に基いての進捗となり」、これからの数字の煮詰めとなってくるようです。
ただ地権者との信頼関係を欠かないよう、相当の配慮が必要であろうと思います。

| 管理人 | 18:06 | comments (0) | trackback (0) | 議会報告::常任委員会報告 |


お知らせ
8月28日(火)
15:00~17:35
恵庭市民会館2F大会議室

恵庭市議会”議員会研修会”を、市民公開で開催します
ご参加をお待ちしています

基調講演
「農業政策の動向と恵庭市農業の展開方向」について

パネルディスカッション
「地域農業振興の取り組みと展開方向」について

申し込み先
恵庭市議会事務局
33-3131
(3212)

細部はブログにて投稿済み

「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示