Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2018 - 09  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

平成29年恵庭市議会第4定例会最終日
議会報告につきましては、採決に於いて是々非々の違いのある案件のみの報告とさせて頂きます。

審査報告第1号
陳情第10号   日本国憲法第9条改憲に反対する意見書の提出を求める陳情書
(只今、国会などで話題に上がっています自衛隊の明記と、2項の件です)

採択   共産党・民進党・猪口議員
不採択  清和会・公明党・柏野 前田両議員
賛成少数につき不採択となりました

(私は、今の国際情勢や日本の世界における立ち位置を考えると、自国を自分でしっかりと守り、国民の生命と財産を守る気概を持つことこそグローバルな世界から認められ世界平和に貢献できるものであり、国際社会へ平和の堅持を問うことができるものと考えています)

審査報告第2号
議案第7号   恵庭市墓地の設置及び管理条例の一部改正について
(恵庭市民以外に市外価格を設定し貸し出しを可能とするもの)

可決   清和会・公明党・民進党
否決   共産党・市民の会
賛成多数につき可決されました

(あくまで将来推計に基づきエリアの整備であり、その中に於いて余剰が発生するものであれば、市外に貸し出し経費の軽減になることは柔軟に考えていくべきものではないか、あくまで恵庭市民の利便性を確保しながらの進め方となるもので、何十年の先についての政策をコンプリートすべきではないと考えました)

陳情第11号   国民健康保険税の引き下げを求める陳情書
(現在、一般会計から法定分6億円の繰り入れをしていますが、引き下げるために法定外のもっと繰り入れをしなさい、とする含意)

採択   共産党・民進党
不採択  清和会・公明党・市民の会
賛成少数につき不採択となりました

(あくまで、共済年金や厚生年金加入者との公平性の確保からも、法定外の繰り入れは認められない。また、法定外を実施すると国から余裕があるとされペナルティとして国保に対する支援金が減額となる恐れがあります。
そして、そのことよりも問題なのは、滞納について、決算の赤字の繰り越し、このことの国保会計の対応が重要であり、繰り入れがどぶにお金を流し込むことのような公金の乱用となるのではないか恐れを感じます)

議案第18号   恵庭市長及び副市長の給与に関する条例等の一部改正について
(人事院勧告に準拠して、特別職及び議員の給与及び報酬を民間社会の給与水準と肩を並べようとするもの)

可決   清和会・公明党・共産党・民進党・猪口 前田両議員
否決   柏野議員
賛成多数につき可決されました

(あくまで公務員は、自分で利益を享受することはできません。市民サービスに強く働き、市民や国民が利益を享受していただくことで所得があげていただく。そのことを人事院が判断し、意欲ある働きを公務員に求めて、魅力ある公務員とするべく勤労体系であり、公務員バッシング如き感覚でないものだろうと思います。あくまで、市民国民が豊かになった評価の後の給与であり報酬となるものと思っています)

議案第21号   平成29年度恵庭市一般会計補正予算
(先の、議案第18号の給与の関わる補正です)

可決   清和会・公明党・共産党・民進党・猪口 前田両議員
否決   柏野議員
賛成多数につき可決されました

意見案第14号   地方議会議員の厚生年金への加入を求める意見書
(前に廃止となった議員年金ではなく、会社員などが加入している協会けんぽに加入しようとするもの)

採択   清和会・公明党・共産党・民進党・猪口 前田両議員
不採択  柏野議員
賛成多数につき可決されました

(私は、議員は、4年ごとの選挙で任用されるものであり、議員は市民の負託に応えられなければ自ら辞めるべきですし、落選したら自分の意志とは係りなく辞めます。つまり無職となります
また、議員は生活のための給与ではなく、市民に奉仕するための報酬です。勿論、報酬からも生活もあり、各種行事や市主催の祝賀会、部隊との関係強化の繋がりなど公務として必要なかかわりは数多くあり出席します。そのための報酬だと私は思っていますし、各種勉強もしなければなりません。
私の経験から、4年に1回の選挙もあり、無職となった時のために貯蓄など絶対に無理だと思います。
ましてや、職歴があまりない若者や、お金が掛かる結婚や子育てなど若者たちが、意欲があっても議員となろうとするでしょうか?
そうすれば、議員となれるのは、長き職歴にのあった年金受給者や退職金をもらった方だけとなるのではと思ったりします。
誰でもが議員となり、将来の心配がなく安心して積極的に議員活動ができるには、無職となった時に年金の支えがあることではないでしょうか。
市民の皆様も、その様な思いで毎日勤労には励まれているものと思います。
議員は特別なものではありません。街づくりに誠意をもって取り組まなくてはいけない立場の持ち分だと思います。
恵庭市議会は、常に優秀な議員が必要です。
なり手を枯渇をしない仕組みに、この意見書は有効だと思っています。)




| 管理人 | 13:55 | comments (0) | trackback (4831) | 議会報告 |


お知らせ
第3定例議会が9月12日より始まります

平成29年度の決算議会ですので、今回は一般質問を止めて、決算個別審査で、しっかりと行われたのか、予算執行について費用対効果の観点から、質疑を細かくしていこうと考えています

「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示