Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2018 - 12  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

泉町・漁町町内会合同夏まつり
昨日の日曜日に、おかげさまで雨に当たらず過ごしやすい曇天で、無事に夏まつりが終了できました

今年度は、当方の泉町は予算を昨年10万でしたが、本年は厳しい予算につき5万円、2町内会で合計10万円の減額予算でどうなるのか心配の中実施、昨年並みの豪華な事業をするには売店の収益を上げることで、みすぼらしくないものしましょうとの意思を統一し頑張りました

私は何もするわけではなく、座って最後の責任の時だけ取れば良いとしていました

それがそれが、皆さん頑張ってくれました
感謝です!





この度は、初めての試みです
関西豪雨災害復旧に対する義援金の寄付について、参加者に訴えかけ協力を貰いました
義援箱を置いてお願いしたところ、約5,500円も入っていました
また、野菜を売ってその売上金を全てを、被災地へ寄付をしましょうと、農家から大根・人参・ほうれん草など仕入れ各々100円でやまびこさんへ通所している方が販売、その売上金額が25,000円もあり、来場のお客さんの被災地の方は大変だし、何とかそれで元気になっていただければとの想いをひしひしと感じました

ところで、野菜の仕入れ原価を抜いたら少ないだろうとお思いでしょうね!
実は、役員有志で野菜原価分30,000円を頂いてから仕入れました。
だから、野菜原価より安く販売をしたんです

考え方では、それならば役員皆から集めたお金30,000円を寄付をした方が、販売した25,000円を赤十字にもっていくよりも、良いんではないかと当然思うと思いますが、そうは思わなかったのです
つまり、農家の方にお金を支払い、会場のお客さんへ野菜を渡し、そして、お客さんのお財布からお金を頂戴する
そして、お客さんは、被災地の方々の助けに幾ばくかでも支援をしたいという思いがお金に乗り移ります
これこそ、ウインウインの関係が出来上がりました

改めて、日本人は素敵だなと思ったところです









| 管理人 | 13:48 | comments (0) | trackback (x) | 雑記 |


お知らせ
第4定例会が12月17日(月)迄行われます

平成31年度の事業に係わる予算や改正などの事柄が話し合われます

どうぞ市民の皆様のご関心を宜しくお願い致します


「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示