Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2018 - 09  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

胆振東部地震
9月7日21時に停電が復旧しました
6日の朝3時に停電してから7日の夜の9時まで、電気の無い生活をしました

ローソクと懐中電灯、そしてラジオ
何か良い経験をしたような気がしました

中でもビックリしたのは6日の地震の後に、町内を火が出ていないか?懐中電灯で回っていたら、何んと!自家用車が続々と出て走り回っている
信号はどこも灯ていないのに?

46号線は、高速道路状態 ビュンビュン列をして飛ばしている
おっかなくて横断など出来たものじゃない
コンビニは、電気もついていないようなのに車は鈴なり
スゲーなー

ところが、明るくなると車のスピードは普通のような感じ
わき道からくる人や車には、配慮したような優しく車列に入れてあげている姿も見ることが散見出来た

また、時間がたってくると食料品の買い出しに長蛇の列が見える
ガソリンスタンドには、災害対応の車が優先なのだが、これまた長蛇の列
15リッターから20リッターと制限されているのに、ものすごい列
その列は交通障害に凄くなっている

不安なのはみな同じで解るけれど、皆さんそんなに緊急なのだろうか?
行政は、食料の備蓄は皆さんの税金でしっかりしているし、命に係わることであればすぐに対応が出来るように準備は皆さんの税金で間違いなくなされている!

この事は、行政がまだ充分に信頼されていない証なのだろうか?
慌てると全てが順調にいかなくなると思う

無いと思うけど、自分さえよければ他はどうでもよい
と考える、自分本位の考え方が優先されているのだろうか?
こんなことは、次世代を担う人たちに繋いでは行きたくない
子を持つ親として、反省する必要はないだろうか?

先ほど述べた時間がたった後の、生活道路や基幹道路で事故が起きず、相手をおもんばかったわき道から優しく車や人を入れてあげる姿を随所で目にした
一握の冷風もあったことも事実だ

規則で何かをするのではなく、こうしてあげたら良いと己が判断し感謝の頭を下げて頂き、気持ちが良くなることには、今回の災害は大変だったけれど一っは良いことを残してくれたと解釈したい

しかし、今回は 私のところも敬老会・町内交流会を計画していたのに中止とさせていただいた
行政でも大規模なイベントが、全て中止とされた
自衛隊も、予定の訓練を中止とし、被災地に救援に出動している

様々なことに影響を与えた災害でした
やっぱり、東北の時と同じ電気は大きなインフラでした
それが止まったことで大災害となりました

東北災害の教訓は生かされていたのだろうか?
どこかがダメになれば、どこかがカバーに入る
ベースロードの電源について、どう考えるか?

反対の人も、勿論賛成の私も含め
しっかりしてほしい
お願いだから!!




| 管理人 | 15:32 | comments (0) | trackback (x) | 雑記 |


お知らせ
第3定例議会が9月12日より始まります

平成29年度の決算議会ですので、今回は一般質問を止めて、決算個別審査で、しっかりと行われたのか、予算執行について費用対効果の観点から、質疑を細かくしていこうと考えています

「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示