Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<  2017 - 06  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

中島市長に対する「問責決議」について
 中島市長に対しまして、私は3度の「問責決議案」に賛成致しました

 3度目については、効果の無い事を続けて決議をする事は如何か?
「不信認決議」もしくは「辞職勧告決議」ではないのか?
予算に賛成をしての、決議の賛成は矛盾しているのではないか?
の声が多数ある事を、理解しての賛成起立を致しました

 これは「恵庭市議会議員 かわはら光男」 個人の考え方で記入致します
清和会派で、議論を深めた事は前回述べさせて頂きましたが、文字に転換しますと「意が表し切れない」のかな
と心配しますので、結果については間違いなく総意ですが、下記に書きます事は、会派総意ではありません
ご了解下さい


 現在の経済不況の中、国からの対策として特別交付金など、各種にわたり出てきています
予算に物申す事により、恵庭市の経済対策が遅れてしまう懸念、其の中でも解雇され「物入りの年度初め」を、瞬時でも安心をして乗り切って頂ける様、早急に近々の施策をこなし、落ち着いて次の経済対策に取り掛かる事が出来る為に、21年度予算を可決致しました

 問責決議は、市政執行に遅滞なく市民の為に執り行われなくてはいけないのに、手法・手続き・段取りに大きく配慮が欠け、いたずらに市民に対し「惑わし」、成果の出ない事業に対し多大な血税を投入し、市職員の意欲を欠せた、リーダーとしての責任は重いと、考え問責決議案に賛成起立を致しました

 中島市長に議会として「市の執行はまずいですよ、反省をしてリーダとしての責任を果たしなさい」と決議をしたわけです
市長は、それにより何かに特別こ拘束されるわけではないのですが、現状では都合の良い時にだけ問責を受けたと言い、利用しているだけです
議会が軽視されているのは、全会派が認識しているところです
議会としては、市民に説明責任があります
それが問責決議です
市政執行がダメであれば、何回でも問責決議を致します
それこそ市民に対しての、具体的な説明責任を果たした事になろうと考えます

 不信任・辞職勧告などは、法律違反をしたとか、社会通念上許しがたい事をしたとか、恵庭市に多大な損害を与えたとか、のたぐいでなされるものであろうと思っています
市民の総意で、市政の運営を任された市長に対し、職を追うべきとする決議は、余程の事が無い限り市民合意を得られないのではないか
と考えています
今は偏ってはいますが、読書・子育てなどは良い事で、決して指摘される事ではないと考えます
ただ市政全体のバランスを取ることができない事が、この様な問題を惹起させているのです
「自己惚れ」の責任は重いですね

 私達政治家は、4年に一回選良による判断があります
3回の問責決議を市民の代表である議会が議決をしている事は、確固たる事実として、市民の皆様の「価値判断材料」になるべきであろう
と私は強く願っています


| 管理人 | 10:40 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |
コメント

コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://ikiiki.org/tb.php/100
トラックバック


お知らせ
平成29年第2定例会が続行中です

6月26日(月)13時~最終日となります


「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示