Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2018 - 08  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

島松駅逓所
私の孫が、中山久蔵翁の偉業を表わした組踊り「絆花」に参加しており、昨日,用事で札幌に行く途中の島松沢陸橋を走行中に、家のやつが、孫たちにこの陸橋がない昔は、この下のくねくねと曲がった日光のいろは坂のような下り坂と上り坂があって、冬なんかトラックやバスの大型車が滑って上がらなくなって横向きで道路を遮断してしまったり、いったん坂道で前が詰まって車が止まってしまうと再発進が滑って出来なくなったり、それは大変だっんだよ!
「へぇ~!?」

ところで、この下に中山久蔵さんの居たところがあるんだよ、帰り寄ってみるゕ~⁇
「寄りたい~」
6年生の絆花の孫は来たことがなく、4年の子は学校で1回来たそう

そこで、札幌で用事を済ませ帰りに陸橋の入り口を右折、私も島松沢の方面の旧道を通るのは何年ぶりだろうか?
20年や30年は通ってはいないな~

車を止めると、孫が感慨深げに島松駅逓所を見ていた
そうするうちに、若いカップルがようやく見学ができると合流し、一緒にボランティアの方から説明を真剣に聞いていました
永年の建物なのに綺麗にしっかりと整備され維持されていました
本当に感謝です

ひょっと、駅逓所の横を見たら、昔ながら井戸が 
そして、井戸の蓋の上に、今では珍しい水を汲み上げる為の釣瓶が、木の滑車と共に置いてありました
看板には、明治14年明治天皇が行幸されたおり、清水を献上した「御膳水跡地」!!

私は、明治天皇が、明治14年に小樽から島松駅逓所を経由、室蘭へ巡幸途中に、当時の恵庭村にお立ち寄りになり、今の泉町にてご休息を頂き、その際に今の山下電気店さんの位置にあった井戸からの清水を献上された歴史があります
その事を、後世に伝えるべくその場所に御膳水の碑が建立されており、今の郷土資料館にお願いをし説明版の設置で、そのことの歴史伝承を期待しているところです

そのようなことで、恵庭市の成り立ちは、明治天皇が明治14年に歩まれた道が道路となり、室蘭街道と呼称され、商店が張り付き町の形が出来上がり始めたものと思っています
歴史は大切なもの
この事を軽んじては、未来は出来上がらないのではと思っています

孫が、絆花で歴史を知り、改めてその足跡、遺跡を目にしたことで、裏付けのある感情を注入された組踊を演武してくれれば、じいちゃんとしては本望だ!!

ボランティアの説明員の方から、赤毛米の稲を育ててみませんかと頂きました
中山久蔵翁が、成功した原種のDNAが引き継がれているものです
次世代の方が、この様に大事なものは大事と、しっかりと守り引き継ぐ姿には敬服するものです

今の世の中、改革だ、リベラルだ、と古いものを排除することが、請けを取るものと感じられているような気がします
もっと、基礎、基本をまずは、大事に考えるようになりたいと思っています
まずは、昨日は価値のある日を過ごすことが出来ました
ボランティアの説明員の方、有難うございました

頂いた赤毛米を神棚に奉納しました
来シーズンに苗付けを致します
先祖に感謝



| 管理人 | 10:19 | comments (0) | trackback (x) | 雑記 |
コメント

コメントする
     










お知らせ
8月28日(火)
15:00~17:35
恵庭市民会館2F大会議室

恵庭市議会”議員会研修会”を、市民公開で開催します
ご参加をお待ちしています

基調講演
「農業政策の動向と恵庭市農業の展開方向」について

パネルディスカッション
「地域農業振興の取り組みと展開方向」について

申し込み先
恵庭市議会事務局
33-3131
(3212)

細部はブログにて投稿済み

「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示