Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2018 - 10  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

総務文教常任委員会
企画振興部よりまちづくり基本条例検証結果について報告がありました


この、まちづくり基本条例は5年を越えないで見直しを行うと定められており、私は、先に見直しについてどの様にお考えかと質問をした経緯があり、この事について注視しているものです

市民検討委員会では
 多くの項目で今後も引き続き努力を積み重ねる必要がありますが、条例の精神が市の施策や職員の意識、議会活動などに着実に浸透していると評価し、現行の基本条例の内容を見直すべき情勢の変化もないと判断しました
 と報告がありました

私は、この基本条例の前文には「自分のできることから積極的に取り組む活動を続けることが必要です」とあり、確かに市民にその意識は多く醸成されてはいると感じますが、片や一部の市民の方に、「他人に迷惑をかけてない」「助け合わなくても自分で生きていける」「町内会の一斉清掃にわざわざ参加しなくても市からボランティア袋をもらい家の周りはゴミは自分で拾う、だから町内会に入る理由がない」と、もっともらしく言われた経験があります

そこで、その様なことについて検討委員会では議論はされましたでしょうかと、確認をしたところ報告書に視点の2として議論されたとの報告がありました

やはり、この基本条例の狙いを市民へ理解を頂き深めていくには、そのキーポイントは「地域担当職員」の方のアクションであろうと考えています
私も、この報告書を読む前に、決算個別質疑でこの地域担当職員の活動内容について質疑をし、思ったとおりの行政からの伝達機関に近い動きに感じたところでした
私は、この職制はあくまでも市民側に立ち、行政と対峙するような立場でいてほしいと述べたものでした

この報告書にもしつかりと記述が視点の2としてあります
条例を変える必要はありません
しかし、条例の願いと違う方向に解釈が進んでいるのでは正しい方向へ戻さなくてはなりません
そこからが、次のステップのアクションプランです

残念ながら、総務文教の常任委員会では所管が違い踏み込みは出来ませんが課題は投げかけました

そこで、最後の質問としてこの部分の議論の中には担当職の方も混ざり議論に参加をしておりましたか?と尋ね
しつかりと参加し議論に加わっておりました、と答弁がありました

この事が良い形になっていけばいいなーと思っています


| 管理人 | 09:12 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告::常任委員会報告 |
コメント

コメントする
     










お知らせ
11月1日(木)11時

市民会館大ホール

恵庭市功労者表彰が開催されます

おめでとうございます

「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示