Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2020 - 09  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

農業における外国人技能実習生の受け入れサポート事業
外国人技能実習生の受け入れ促進と多様な人材確保に繋がる新たなモデル事業が行われます

応募要件に合致した2農家の方が手を上げ、ベトナムより3名の技能実習生として来恵されると報告がありました

恵庭市としては、受け入れ環境整備に要する経費として1農家上限10万円として助成を致します

農家の方には労働者不足は深刻であると聞いています
だからこそ、少子高齢化を迎える供給基地として重要な食の産業には、外国人の労働者の力を借りなくてはなりません

私は、重要な担い手として考えていかなくてはならないと考えています
臨時雇いの感覚での就労環境であったならばこの事業は上手くいかないでしょう

そうして、夏季の忙しい時だけではなく通年で仕事があることが必要です
これが北海道の農家の方には難しい課題ではないでしょうか?
雪が降り、土地は凍れてしまう、だから何処かへ出稼ぎに
これが、今までのパターンでしょう?

しかし、今回の2件の受け入れ農家の方は、通年の花卉栽培をハウスで行われています
冬も仕事はあります
通年で働くことができます

次には文化や言語、生活習慣の違いによる地域住民とのトラブルや孤立感!の創出
心休まる居住環境の整備や、日本の最低賃金を必ず手にできる事
等など心配や課題を想像できます

その様な課題などを整理するに主務大臣より許可を受けた「管理団体」の関りが求められ事となります

この度は、農家、恵庭市、JA道央が連携した中で実施する全道的には初めとなる事業です

私としては、安定して外国人労働者が恵庭市民の一角に入っていただければいいと感じています

| 管理人 | 10:09 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告 |
コメント

コメントする
     










ランダム表示