Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2020 - 09  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

部活動の方針


肯定
学校教育の一環として行われる部活動は、異年齢との交流、生徒同士や教師とのコミュニティの構築、又、自身が自己肯定感の高め、多様な学びや経験を積む場として教育的意義が大きい

否定
部活動は、生徒の自主的、自発的な参加により行われるもの
部活動への参加の義務づけや、活動を強制が無いよう留意

適切な休養日の設定
学期中は
週当たり2日以上の休養日を設ける
週末に大会や発表会があり休みが取れなければ翌日に休養日を振り替える

学校休養日は
朝練習、自主練習は行わない

夏休みなど長期の休養日時には、部活もある程度長期のオフシーズンを設ける

1日の活動時間は、平日では2時間程度、週末は3時間程度

中体連など認められる大会など有る練習は、1ヶ月以内から特例として、弾力的な活動時間の設定を可能とする

活動時間の上限は、長くとも平日は3時間程度、週末や学校休養日は4時間程度、1週間の活動時間は16時間程度とする

部活動の充実に向けて
1、部活動指導の充実を図る取り組み
2、女子の指導に当たっての留意点
3、部活動顧問と生徒の信頼関係づくり
4、部活動内の生徒間の人間関係形成、リーダー育成等の集団作り
5、家庭や地域との連携を図る取り組み
6、障がいのある生徒の部活動の充実

相当熟読したが、どうにもストーンとは私には落ちてこないが、どうだろうか?
難しい!?


| 管理人 | 15:03 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告 |
コメント

コメントする
     










ランダム表示