Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2020 - 09  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

経済建設常任委員会
昨日の25日閉会中の常任委員会が開催され「農作物の作況調査」現地視察を行いました

お陰様で、農作物は順調に育まれており、その上、市況の状況も良いとのこと恵庭市の基幹産業は農業ですのでひとまず安心してまいりました

その作況調査の他スマート農業の実地状況も視察をしてきました

IT農業も、安価で進化をしているのを確認しました

IT化することにより人力に頼っていた管理業務が軽減され将来のある若者から支持される農業へ進むものだろうと感じました


寒い時には水位を上げ寒冷化を防ぎ、機械が水温を計り自動で水を取り込んでくれます
水稲は水産業ですので人力の軽減に大きく寄与します


先のセンサーと連動して取水口で活躍します
大きな水田なので、水温と水位の平均が取れる位置にセンサーを設置します
そこでの情報を取水口の給水装置へ情報の命令を伝達し作動させます

一番の良いのは、スマホで操作が出来る事、情報をスマホへ転送されること

もう一つは、追肥システムです
田んぼの中で育ちの悪い場所をセンサーで把握、トラクターに追肥システムを搭載することにより、一つの田んぼで追肥の撒く量を変化をさせることが出来、稲の成長を均一の育てるシステムです

本当に農業は辛い、キツイの状況が軽減されているのではないでしょうか?

スマート農業の進捗を確認できました

| 管理人 | 11:10 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
コメント

コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://ikiiki.org/tb.php/1448
トラックバック


ランダム表示