Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2018 - 01  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

思わず涙腺が緩んだ映画


岩手県の寒村「沢内村」で
65歳以上と幼児の医療費無料化を
全国初めて実施したお話です

「生命尊重こそが政治の基本でなければならない」
「住民の生命を守る為に私は命を掛けよう」
政治理念を具現化させた村長の物語で
時代背景は昭和30~37年ごろです

冬は雪に閉ざされ陸の孤島となってしまうのを、冬でもバスが通える様に除雪をしたい
幼児の死亡を減少させる為に手立てを打ちたい
誰でもが遠くに行かなくても、お金が無くても、医療を受けられる病院を維持したい

苦悩し、政策を為し続け
そして達成したが、その村長は過労にてガンに罹ってしまう

その病床の枕元で村の幹部へ
外堀はこれで埋めた、これから貧しいと言う本丸を攻めるぞ!

彼は決意を述べ、逝ってしまった
しっかりと、残された村の幹部へ方針を伝えて


私は本丸の位置付けが同じである事に意を強くし、ぶれる事無く「まちづくり」に取り組んで行こうと確信をした所です

そして彼は亡くなり、豪雪の中開通された雪道をバスに乗った彼の骸を、村民が迎えに出る場面で,思わず涙腺が全開してしまいました
久し振りのすがすがしい映画を見ました

| 管理人 | 08:50 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
コメント

コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://ikiiki.org/tb.php/265
トラックバック


お知らせ
平成30年の計

「愛そして思いやり」

平成30年1月2日
川原光男


「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示