Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2020 - 05  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

平成22・第3回定例会初日
 審査報告第1号 
住宅リフォーム助成条例の制定と実施を求める陳情書について

 不採択
不採択に賛成  清和会・公明党
不採択に反対  民主党・共産党・市民の会

 私は恒常的に私有財産に税金を使用する事は如何か? そしてリフォームの範囲がどこまでなのか、例えば庭は?ストーブの備え付けなどは?
制度設計が明らかに整っていない!
よって「不採択」に賛成をしました

 この陳情書の目的である経済活性化については、目的は同じでありますが、よりバランスのとれた合理性のある施策を28日に訴えたいと思っています


 議案第12号 恵庭市議会議員定数条例の一部改正について


 賛成  清和会・公明党・市民の会
 反対  民主党・共産党

反対討論を民主党 林 嘉男・共産党 寺田 務 両議員が述べました
決め方が一方的で大会派の横暴だ! 市民の意見の聴収が出来なくなる! 議会基本条例の位置付けてからとか、様々の訴え

 私は財政の厳しい折、我が身を削る事も必要、新しい方が議員として登場できる為にもある程度の報酬も維持しなくてはならない
他市の6万人から7万2千人の都市の議員数を調べた所、現在の恵庭市24人は市民2800人に1人の議員、大体3分の1位の位置です
決して議員が多い状況では無いのですが
 しかし財政難の件、議員の働き方の件等 市民から厳しい意見が寄せられていると思います
調査しました上位15傑以内の、市民3300人に議員が1人の考え方と、恵庭は島松・恵み野・恵庭と3地区に市街地が分散している事も鑑み、21人の定員に賛成致しました

 それと選挙前だけではなく、常に全市的な市民活動に政治的な立場ではなく参加する事、そして日頃の市民の思いを受け取ってゆく事、それを咀嚼し将来の恵庭市へと政策を訴えてゆく事、そのことが絶対的に大事だと私は考えています
9月21日17時より行われた交通安全のセフティコール啓発活動もそのこと

 地方自治体はこうあるべきとする「学者的発想」だけでは如何かと感じ、議員数を削減し競争性を高める事により、市民の選択肢を深められるのではと考えています

 議会費は21年度決算では、1億7千2百万円ですが、これから3人分の報酬が削減される事となります
これについては、多いか少ないかはこれからの状況により第3者が判断をなさる事で、この議案についての議論にはならないものと考えています


 思いは述べ切れません
この意見は 議案に賛成した全議員の考え方ではなく
私 かわはら光男 1個人の考え方である事を
ご理解頂きたいと思います

| 管理人 | 08:47 | comments (0) | trackback (0) | 議会報告 |
コメント

コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://ikiiki.org/tb.php/291
トラックバック


お知らせ
新会派結成

恵庭市議会 自民党

「恵義会」

会是

 私たちは、人として議会人としての条理に従い、公共に汗を流すことを第一義とする政策集団である。




かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示