Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2017 - 08  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

感嘆した話
 五木寛之氏の「日本人のこころ

「・・・・・・聴講生の時、そのテキストを見ながら先生の講義を聞いた

 その時、勉強するという事はこんなに面白いことなのか、と目を開かれた思いだった
二十代の頃は、大学の授業を受けるのがいやで仕方が無くて、なんとか授業をサボろうとしていたものだった
休講にでもなれば、手を叩いて喜んでいた

 ところが、自分で志願して聴講生になった時には
もし休講にでもなろうものなら憤然として、怒りを感じるほどだったのである
 二十代の頃というのは、特別な人を除けば、なかなか勉強する気にはならないように思う
なんといっても、友達と遊んでいる方が圧倒的に楽しい

 しかし、五十歳過ぎた頃にもう一度、仕事を休んで改めて大学に行けば、学問というのがいかに面白いか、ということを身にしみて感ずる事ができると思う・・・・・・・」


 まさに、自分の気持ちを「五木寛之氏」が言い表してくれている

 六十代に入った今!
本を読むのが楽しくて仕方が無い

行政の運営の真髄を探っていく事が、仕事であると共に楽しくて仕方が無い

木を見て森を見ずの喩えのとおり
目前の現象や判断が、遠い未来にどの様に影響を与えていくのか
わからない

 先人たちの、歴史の実績と、それに裏打ちされた未来予測をたてる能力

 それを一つでも二つでも、進歩させる為に
勉強しなくてはならない

 各種審議会や講演会など沢山の講義がある
出来る限り出席し、勉強・勉強また勉強


 六十代になり毎日がとても楽しい
若い方へ、年をとったら楽しい事が待っていると感ずる
見本へと、近づきたい


「アリさんとキリギリスさんの話」は本当なのですよ
と 目に見えるように!

| 管理人 | 10:46 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
コメント

コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://ikiiki.org/tb.php/303
トラックバック


お知らせ
平成29年9月2日(土)18時30分より20時30分

島松公民館

恵庭市議会 自民党議員団 清和会

政治活動報告会を行います

ご自由にご参加ください



「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示