Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2018 - 09  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

街元気ー現地研修
平成23年度中心市街地活性化人材育成プロジェクト
札幌市現地研修 9月2日3日
受講者として参加してきました

札幌大通り地区のエリアマネジメントの取り組みについて

札幌大通り地区の6商店街が、集客に陰りが出一体として地区の活性を図る為「札幌大通りまちづくり株式会社」を立ち上げ、再生へマネジメントをしています

恵庭においても是非この様なやり方を立ち上げて、大型店ばかりではない旧地区の活性化をすべきであると常日頃思い、質問に立たせていただいた経緯があります

今回着目したのは、補助金ではない「まちづくり会社」の自立する運営方法と、コーデネイト出来る専業の人材の確保がキーポイントだと言う事
自立だけの収益ではなく、その収益を配当とするのではなくまちづくりへの再投資へとしていく事、その循環がよりよいものへと転換出来る考え方です

一番大事なのはそこまで持っていった商店街のリーダーのリーダーシップですね

「鎌倉投信」の考え方とのことです


「道産食彩 HUG」
狸小路5丁目で北海道の食をテーマに狸小路の活性化へと繋げようとするお店です
写真のとうりお客様が引きもきらない混雑振りでした

総支配人として牧浦さんは、恵庭に小学校時代緑町に住んでいて和光ライオンズのエースだったそうです

商材には 恵庭市から余湖農園さんからも出品されており、大変嬉しい思いをいたしました

商材は牧浦さんがめがねに叶うものを発掘し、値段は生産者が付け、ポスレジで値段を下げたり補充をしたりするのは生産者の裁量で、売価の25%をHUGへ支払う仕組みで買い取りはしないとのことです

収益は配当するのではなく、より進化した事業へ再投資する考えだそうです

この様な形は恵庭でも取り入れは可能ではないかと思いました

ただ牧浦さんからの一言がグサリと
「遊びには人は集まるが、事業をしようとすると人は集まらない」

だから
「遊び心を持って事業をする」

これは難しい!
誰か その様な人を発掘しなければ! 
私は堅物で 無理だと自分で判っています
残念ながら



| 管理人 | 10:55 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
コメント

コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://ikiiki.org/tb.php/388
トラックバック


お知らせ
第3定例議会が9月12日より始まります

平成29年度の決算議会ですので、今回は一般質問を止めて、決算個別審査で、しっかりと行われたのか、予算執行について費用対効果の観点から、質疑を細かくしていこうと考えています

「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示