Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2017 - 11  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

恵庭まちづくり基本条例
第7回 恵庭まちづくり基本条例制定市民委員会 の会議を傍聴してきました

今回のテーマは「住民参加・住民協働」について

恵庭市内における特徴的な取り組みの紹介として

1、 えにわ知恵ネットの取り組み
2、 市民と行政の協働のまちづくり指針の策定
3、 NPO法人えにわ市民プラザ・アイルの活動

発表と議論がなされていました

さて そこで



平成20年2月7日に、恵庭市では「市民と行政の協働のまちづくり指針」が

平成20年2月
市民協働指針検討委員会
恵庭市

として、文書化され既に策定されている


委員の皆さんから、驚きの声!
今回の会議は、この指針に基づきて、評価し修正とか、改定とかについて議論をなるのならともかく、これではまったく指針を作る事が目的で活用されていなかったのではないか?
精神が生かされて居ないのでは?

委員の中には一般職員も2名参加されており、その職員にこの指針は見たことがありますか?
政策を立案する時に、この指針を考慮に入れながら仕事をしていますか?

などと他の委員から訪ねられていました

まだ若い職員なのでかわいそうでしたが、ありのまま 「見たことありません」
と発言

一同あっけに取られ、アグゥー

そうなんです
そこが条例や規則等に魂を入れるところが欠けているんです

現在、私の所管する経済建設常任委員会で近々の議論をされている 「中小企業振興基本条例」ですが、策定した条例をどの様に生かすかが大事です

ですから、政策が立案される時には、構想の中にこの基本条例が考慮されているか?
そして計画の中に具体的にどの様に位置づけられているか?
最終の実地計画に予算として、基本計画の趣旨に合った執行予定額が明記されているか?

政策として執行された後の成果評価に、波及効果も含め、数字として明らかにされていく、仕組みづくりの考えをしっかりと求めていきます

昨日の傍聴で、私の考えが間違いではなかった事を、改めて確認出来た傍聴でした




| 管理人 | 08:12 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |
コメント

コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://ikiiki.org/tb.php/462
トラックバック


お知らせ
恵庭市議会第4回定例議会が
11月29日から12月15日まで開催されます

平成30年度事業に係わる議会で有り、私も一般質問に立ち、未着手の案件について質していきたいと考えています


「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示