Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2019 - 10  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

第3定例議会
恵庭市議会決算議会が終了しました

我が会派 「恵義会」の賛成討論です

賛成討論  自民党 恵義会 会長 川股洋一

 私は、自民党恵義会を代表し認定案第1号「平成30年度恵庭市一般会計決算」から、認定案第11号「平成30年度恵庭市下水道事業会計決算」まで、全会計決算に対し一括賛成の立場から討論を行います。

 恵庭市は、「花・水・緑 人がつながり夢ふくらむまち  えにわ」を将来のまちづくり像と位置づけた「第5期総合計画」及びガーデンデザインプロジェクトをメイン事業とした「総合戦略」を策定し、多くの市民が住み続けたい、住みたくなるまちづくりが進められております。
こうした積極的な施策推進により、人口減少が進む道内にあって恵庭市は、人口ビジョンに掲げる7万人を、1年前倒しで達成する事ができました。このことは、大変高く評価できるものです。

 平成30年度予算では、一般財源配分 要求額にシーリングを設定した他、国や北海道の補助金や、ふるさと納税による寄附の有効活用を見込んでいたものの収支不足が生じ、財政調整基金の繰り入れを余儀なくされる予算編成でした。 
このように厳しい財政状況の中、重点施策として5本の柱を揚げて編成された予算のもとで、各事業が効果的に執行されました。

 平成30年度の施策の成果として主なものを申し上げます。まず、長年の懸案であった、緑と語らいの広場の土地を活用した、官民協働による複合施設「えにあす」が開設され、当初の計画を大きく上まわる新たな賑いが創出されました。

 次に、道と川の駅「花ロードえにわ」の隣接地には、花のまちの発信基地となる「花の拠点」の整備に向け、着実に進められました。市民の憩いの場であると共に、恵庭市の観光拠点として多いに期待されます。
合わせて「花の拠点」の北側には、新たに民間活力による、住宅地整備が進められ、移住定住が促進されております。
次に、企業誘致や雇用の確保に繋がる新工業団地の整備に向けた手続きが進められました。

 また、子育てに優しいまちづくりに向け、多子世帯の
うち、3歳未満児の第2子以降における保育料軽減支援が
行われました。
 更に、地域ぐるみで子育てを応援する、子ども子育て応援事業も取り組みが始められ、子育てのまち恵庭の今後が期待されます。
 
 次に、老朽化が進んだ市民スキー場の整備が、北海道の補助事業を導入し、リフトの更新、山小屋の改修を行い12月にオープン致しました。待ち望んでいた、多くの市民に大変喜ばれております。
消防救急体制では、消防南出張所に高規格救急車を新たに導入し、現場到着までの時間が更に短縮され、市民の安全・安心に繋がっております。

 次に特別会計について申し上げます。特に国民健康保険特別会計では、コンビニ収納やクレジット納付など、曜日や時間を問わない収納方法が、保険税収納率の向上に繋がり、収納率は、82,6%で、内、現年度分収納率では、96,14%と全道35市中13位であります。

 更に、全道広域化に基づく各市町村の努力義務である「保険給付費等交付金(特別交付金)」」のうち、保険者努力支援分の2千3百1万8千円は、全道35市中第3位であり、国民健康保険特別会計の適正化へ向けた、その努力は大きく評価するものであります。
しかし、納税者一人当たりの所得の減少等により保険税収入そのものが減少したため、北海道財政安定化基金から1億円を借入れし、単年度では黒字となりました、この結果、累積赤字が1億7千3百万円となり引き続きの課題であります。

 次に、水道企業会計について申し上げます。
平成30年度に条例の一部改正により、給水人口を都市計画マスタープランに合わせて70,970人に見直し、現状の分析・評価や水道の将来像の設定を行い「安心・安定・持続・環境」に関する4つの基本政策を作成し、健全経営を行うために管理運営費等の節減に努めております。
 また、下水道事業においては、整備及び合流地区の分流化などの整備の分流化事業交付金配当の減少の影響を受けながらも、恵庭市の起債を充当し市民の快適で安全な生活環境の向上の為に推進されました。また、終末処理場汚泥乾燥施設工事も開始され、更には、最終処分場へ搬入されるゴミの減容化を図り、処分場の延命を図るために、ゴミ破砕機も導入されました。

 以上、平成30年度の決算について申し上げましたが、
推進された各施策は、市民の幸せと、恵庭の輝きを求める市民の願いであり、本市の未来都市像である「花・水・緑人がつながり、夢ふくらむまちえにわ」実現に向け大きく前進したものと高く評価するところであります。

 自民党恵義会として、以上を申し上げ、平成30年度恵庭市一般会計決算、各特別会計決算並びに水道事業、下水道事業会計決算について原案の通り可決すべきとする、決算審査特別委員長の報告に対し一括賛成の討論と致します。

| 管理人 | 07:57 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告 |
コメント

コメントする
     










お知らせ
新会派結成

恵庭市議会 自民党

「恵義会」

会是

 私たちは、人として議会人としての条理に従い、公共に汗を流すことを第一義とする政策集団である。




かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示