Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<  2018 - 11  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

とてもうれしい話
 北海道文教大学 「こども発達学科」発足記念シンポジウム
基調提案 幼小保育教育の充実と連携を目指して
に出席して来ました

1、こども発達学科の設置の理由
1) こどもを取り巻く状況の変化、ニーズの多様化に対応できる人材を育成する。

2) 教育・保育・子育て支援の各分野について総合的に研究・学修を行う環境を創る。

3)恵庭市における子育て支援などの地域活動などにおける先進的な活動に賛同し、恵庭市を中心として、全道・全国の教育・保育・子育て支援の現場で活躍する人材を育成する。

これは 私が勝手に作ったのではなく配布された資料に明示してありました文章です



北海道文教大学人間科学部 こども発達学科 教授 佐藤信雄先生
基調提案の一部に

恵庭市に本学科を設置する理由  1

・恵庭地区は北海道にあって子育て支援などの、地域活動に最も熱心に取り組んでいる地域である為。

・とりわけ幼児期に対する支援は「恵庭市ブックスタート事業」をはじめとして多岐にわたっており、本学もその趣旨に賛同し、地域に根ざした大学として恵庭市の活動に参加し、貢献するため。

恵庭市に本学科を設置する理由  2

・本学の健康栄養学科は地域の小学生と親を対象に「食育教室」を開催して評価を頂いており、地域に根ざした大学として定着している為。

・地元教育委員会との連携によるアシスタントティーチャーにおいても、本学の教職課程の教育活動であると同時に、連携教育委員会からも一定の評価を頂いている為。

恵庭市に本学科を設置する理由  3


・この地域における地域活動やボランティア活動、子育てに貢献する人材の要望に応える為。

・社会のコーディネーターとして子育て、子育て支援の場で活躍できる人材(市民)、及び学校支援コーディネーターとしてボランティア活動を前提に学校を支援する人材(市民)の養成を行う為。


 あくまで基調講演の中の一部を、我田引水的に取り上げたのですが、恵庭市の立ち位置を外部の第三者と言って良いと思われる方から、この様に評価されている事は、身に引き締まる思いと、とても感激し嬉しいの感慨に満ち足りました


 この事は誰が褒められる事ではなく、市民がしっかりと働いて納税をいただき、余裕が無く借金払いに汲々としている自治体ではなく、わずかなお金でも、子育て支援へと政策執行が出来る事は、恵庭市民への外部からの温かい評価です


 とても うれしかった!



 パネリストに 伊藤 想市 氏 (前恵庭市図書館長  現恵庭市黄金ディサービスセンター長・恵庭市ひがし地域包括支援センター長)
が恵庭市の図書政策について発表されていました

 退職したからもう関係ないということではなく、この様に声が掛かり手柄話ではなく真摯に施策について披露をしていく、この様な事は恵庭市のPRにもなり、どんどんと元職員が目立って行って頂きたい、おおいに現職員の方々に期待をするところです


| 管理人 | 10:52 | comments (0) | trackback (0) | 仕事::報告 |
コメント

コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://ikiiki.org/tb.php/294
トラックバック


お知らせ
11月23日(金)
11時から豊栄神社にて
新嘗祭が執り行われます

大神様の大御恵に依り、今秋の新穀収穫の感謝申し上げ、恵庭市商工業の益々のご繁栄を祈念するものです
どうぞ、ご参拝賜りますよう申し上げます


「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示