Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2017 - 10  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

Prev12Next
私の政権選択について
わが国 「日本」のこれからの4年間の課題は

1、経済の再生について

今の流れを決して、後退させるわけには行かないと考えています
それが次世代の為の、我々の責任です

2、社会保障の堅持と、健全な財政構造への対応について

嫌なことから逃げてはいけません
真摯に国民に向き合うことが重要
説得し、理解を頂くことが政治家の責任

3、安全保障施策について

国民の生命財産を守ること
日本の平和と安全を維持すること
説得力のあるロードマップを示すことについて

4、東京五輪・パラリンピック大会の成功について

万全のテロ対策について
東日本大震災時における政府の右往左往する姿には辟易としており、国際社会に安心感を与えることが出来るかどうかについて

受け売りですが
政治を司る者の心得

「七年の病に三年のもぐさ」
大きな病には早く準備をしておくべきで、効くもぐさを急に探しても間に合わない
危機に備えて、事前に準備することが肝要だ
と諭す教訓です

改めて、私の選択肢の一つとして噛みしめています




| 管理人 | 08:53 | comments (0) | trackback (x) | 雑記 |
個人演説会
先日ご案内いたしました和田よしあき候補の、個人演説会へ行ってまいりました

数多くの市民の皆様がご参会で有りました

熱い熱意と、勢いを感じることが出来ました

絶対に負けるわけには行きません「日本と恵庭市の為に」





| 管理人 | 08:16 | comments (0) | trackback (x) | 雑記 |
衆議院選挙
衆議院議員選挙中盤に入りました

第5区 恵庭市では、まちづくりに絶対に必要な方が立候補しています

恵庭市では、第5期総合計画に基づき、着実に進捗を進めているところです
輝かしい未来見定めていくには、100%の恵庭市民有権者が、投票に行って頂きたい
その様な思いで、日々見つめています

本日 17日(火) 個人演説会が行われます
誰でもが、参加できます
政策と候補者の人物をご覧ください

島松公民館 18時より~

恵庭市民会館  19時より~

宜しくお願い致します
お待ちいたしております

| 管理人 | 08:39 | comments (0) | trackback (x) | 雑記 |
受け入れられない三つの公約
「消費税の凍結」
 私を始め、2025年に迎える団塊の世代の後期高齢者の突入を控えて必要最小限の社会保障に対する施策について、少子化や待機児童問題への対応について、幼児教育による経済の底上げと格差の縮小を図ることについての施策は、待ったなしのこれからの大きな課題だ

 これらの施策には、大きな財源が必要 
消費税が、適切な公平な税収源と私は考えるがI?

「大企業の利益剰余金の課税」
 大きな問題は、一度法人課税をされた後の積み上げたものに対する課税につき二重課税となる不合理性
しかし、大企業は、内部留保を労働分配率の向上に振り向けるべき、設備投資に振り向けるべき、株主に配当を多くすべし、それを望むのは当り前と思うが、一旦立ち止まって、私も零細企業の端くれと考えれば、在るお金を使いきるには先の見通しが、昔の儲かった時代と違い見込めない
 
 経営者としては、どうしても必要なものにしかお金は使えないのが現状!
今ようやく、あべのミックスで経済が上向きに来ており、恵庭市の市税の収入が好調であり、自主財源も上向いてきている
更に、安定的に経済に力強さを感ずるようになることが、企業の留保金がちまたへと配分されるのが経済の原則だろうと思う

 株主の配当などは、特に企業間の持ち合いで有ったり、外国人投資家へ流失したり、本来の国内循環 ちまたへとは流れ込まないのでは
またまた、海外へ利益を回避させられたら元も子もないのでは?

企業は、現実を知らない政治家や頭は良いが企業経営を知らないボンボンや口先三寸の人たちとは違い、し烈な生死を掛けた従業員の生活を守る戦いに勝ち残ってきた企業覇者は、したたかであり、おいそれとは言いなりにはなりませんぞ!

「ベーシックインカム」
 日本国民誰もが、最低限の生活保障を給付する、言葉を代えていえば、国民すべてが生活保護を受けるということと同意義だ
国民全員に無条件で生活保護並みの所得を給付するにおは、数十兆円が必要だが、どこから持ってくるのか?

 働かなくても生活ができるとすれば、働く人が居なくなるのでは?そうすれば経済はどうの様になるのか?それでも税収はあるのだろうか?
それ以上に快適な生活を求めてもっと働く人はいるかもしれない?
それには、割の良いもっと儲かるもの、自分の能力を活かして頑張る人もいるかもしれない?

 ならば、我々の快適な生活を支えて頂いている下働き、ごみの収集や肉体労働の3Kの仕事は誰が受け持ってくれるのか?
それこそ、日本国憲法に、働くことの美徳や、ご自分で額に汗をして家族を支える姿の後ろを、子どもたちが、次世代の若者が見て感じて育っていただく、そのことが永遠と続くたくましい日本となるもの信じてやまないものとして、しっかりと明記すべきものと考えています。

 


 


| 管理人 | 08:07 | comments (0) | trackback (x) | 雑記 |
基地特別委員会
一昨日 基地特別委員会が開催され、私は委員として発言しました

先の 話題となりました日米共同訓練オスプレイの騒音状況と事故なく済んだことと、地域住民の皆様から苦情などについての報告がありました



苦情などは、取材ヘリの騒音、マスコミの過度なる取材や報道に対する不安などで、訓練自体に対するものは0件であるとの事でした

次に、私から
「特定防衛施設周辺整備調整交付金」の、昨年に対比し3,400万円の減額についての理由を質疑しました



その答えは、演習場の使用頻度の減少、日米共同訓練の行わなかったことなどの理由だとのことです

その答えについて、私は改めて強く申し上げました
今回の日米共同訓練について、沖縄基地訓練負担の軽減への寄与と、それによる日本の安全保障への堅持のための訓練を、本市の所管する北海道大演習場で訓練を受け入れる。
そのことの市民へ理解を求めるためと、市民の安全を確保するために市は、細部にわたり議会へ、市民へ、数々の情報伝達手段を使い尽力されていた

併せて 防衛調整交付金は本市にとつて、市民生活に大きく寄与され、財源として執行されているものであり、減額されることは市民生活に大きく悪い影響があるはず、
今回の訓練の受け入れについては、声を大きくその実績を国へ、防衛省へ訴えるべきと申し上げました

市の理事者は、最初は首を縦には振らず大人の対応を考えていたようですが、私の強い要請に、その時に於いて対応を考えていきたいとの答弁を頂きました

私の想いは、日本の安全保障に於いては、日本国民は自分のこととして、何らかの形で係わるべきだとするのが私の考え方です

| 管理人 | 08:20 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告 |
Prev12Next


お知らせ
10月22日は衆議院選挙投票日です

期日前投票
恵庭市民会館 8.30~20.00
恵み野会館 9.00~17.00
島松支所  9.00~17.00
イトーヨーカ堂 9.00~20.00

選択肢は、デフレ脱却・地域経済の活性、国民の生命財産を守る国の責任を果たす方、ブレないで凛としてあたる方、しかありません。
日本の未来を決める大事な選挙です
必ず投票に
今の流れを、力強く骨太にさせましょう!

「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示