Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2017 - 12  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

Prev12Next
会派室
平成29年には、2年間の会派会長を3月31日で任期満了し、議会対応など数々の難問や、しつらえなど大変な経験を得ることが出来ました。

そして、後半の2年間は、恵庭市議会議員会会長として、全議員の地方議員としての自治行政の研究と、議員相互の親睦を図り市政の伸展に寄与させる立場を新しい仕事として頂き実行に邁進しているところです。

そのことを支えてくれている会派室であり私の机です。
年末には、お世話になりました、また来年もよろしくと歳末の大掃除を済ませました。

平成30年も変わりませず宜しくお願い致します。





読者の皆様方にも良き新年をお迎えされますよう御祈願を申し上げ今年一年の感謝といたします。

| 管理人 | 09:35 | comments (0) | trackback (x) | 雑記 |
自由民主党北海道支部連合会
先ほど、札石議連より「2017北海道経済のデーター」が届きました

景気が沈滞していると言われている我が北海道も好調な状況が明らかとなってきました

嬉しい限りです
地方も衰退に甘んじることなく、やればできるんだと元気を出して、2018年に向けて北海道道民全員で未来のために、夢をもって活躍していきませんか?
地方の良さは、都会には真似ができない財産です

強みと弱みをわきまえて、互いに主役になっていきましょう!!
座っていてはできません。行動あるのみだと思います




| 管理人 | 10:52 | comments (0) | trackback (x) | 雑記 |
恵庭ロータリクラブ
昨日の20日に開催された、クラブの家族クリスマスパーティに参加してきました

私と妻、孫二人と参加です

親睦委員会の皆さんは、楽しくいろいろな余興を企画され、アハハ ウフフ と大騒ぎの楽しい夜間例会でした

その中で、いつもは誕生会でお祝いをするのですが
今回は、突然に
「高齢を祝う会をします!」
と発表があり、え~!と思ったところ、何か聞きなれた生年月日の発表

古希のお祝い!!  川原会員~!!
と呼び出し

まだ 私は69歳なのに
行年で呼び出されてしまいました

まだ70になってないぞ~!!と大声で抵抗したのですが、皆さんの笑いのネタにされて・・・・・・・・終わり・・・・・
挙句にニコボックスを要求されて
残念ながら余興の一種となってしまいました

70才になるのは   嫌だ~!

孫と二人羽織の余興にも出場し楽しいひと時でした




| 管理人 | 16:37 | comments (0) | trackback (x) | 雑記 |
平成29年恵庭市議会第4定例会最終日
議会報告につきましては、採決に於いて是々非々の違いのある案件のみの報告とさせて頂きます。

審査報告第1号
陳情第10号   日本国憲法第9条改憲に反対する意見書の提出を求める陳情書
(只今、国会などで話題に上がっています自衛隊の明記と、2項の件です)

採択   共産党・民進党・猪口議員
不採択  清和会・公明党・柏野 前田両議員
賛成少数につき不採択となりました

(私は、今の国際情勢や日本の世界における立ち位置を考えると、自国を自分でしっかりと守り、国民の生命と財産を守る気概を持つことこそグローバルな世界から認められ世界平和に貢献できるものであり、国際社会へ平和の堅持を問うことができるものと考えています)

審査報告第2号
議案第7号   恵庭市墓地の設置及び管理条例の一部改正について
(恵庭市民以外に市外価格を設定し貸し出しを可能とするもの)

可決   清和会・公明党・民進党
否決   共産党・市民の会
賛成多数につき可決されました

(あくまで将来推計に基づきエリアの整備であり、その中に於いて余剰が発生するものであれば、市外に貸し出し経費の軽減になることは柔軟に考えていくべきものではないか、あくまで恵庭市民の利便性を確保しながらの進め方となるもので、何十年の先についての政策をコンプリートすべきではないと考えました)

陳情第11号   国民健康保険税の引き下げを求める陳情書
(現在、一般会計から法定分6億円の繰り入れをしていますが、引き下げるために法定外のもっと繰り入れをしなさい、とする含意)

採択   共産党・民進党
不採択  清和会・公明党・市民の会
賛成少数につき不採択となりました

(あくまで、共済年金や厚生年金加入者との公平性の確保からも、法定外の繰り入れは認められない。また、法定外を実施すると国から余裕があるとされペナルティとして国保に対する支援金が減額となる恐れがあります。
そして、そのことよりも問題なのは、滞納について、決算の赤字の繰り越し、このことの国保会計の対応が重要であり、繰り入れがどぶにお金を流し込むことのような公金の乱用となるのではないか恐れを感じます)

議案第18号   恵庭市長及び副市長の給与に関する条例等の一部改正について
(人事院勧告に準拠して、特別職及び議員の給与及び報酬を民間社会の給与水準と肩を並べようとするもの)

可決   清和会・公明党・共産党・民進党・猪口 前田両議員
否決   柏野議員
賛成多数につき可決されました

(あくまで公務員は、自分で利益を享受することはできません。市民サービスに強く働き、市民や国民が利益を享受していただくことで所得があげていただく。そのことを人事院が判断し、意欲ある働きを公務員に求めて、魅力ある公務員とするべく勤労体系であり、公務員バッシング如き感覚でないものだろうと思います。あくまで、市民国民が豊かになった評価の後の給与であり報酬となるものと思っています)

議案第21号   平成29年度恵庭市一般会計補正予算
(先の、議案第18号の給与の関わる補正です)

可決   清和会・公明党・共産党・民進党・猪口 前田両議員
否決   柏野議員
賛成多数につき可決されました

意見案第14号   地方議会議員の厚生年金への加入を求める意見書
(前に廃止となった議員年金ではなく、会社員などが加入している協会けんぽに加入しようとするもの)

採択   清和会・公明党・共産党・民進党・猪口 前田両議員
不採択  柏野議員
賛成多数につき可決されました

(私は、議員は、4年ごとの選挙で任用されるものであり、議員は市民の負託に応えられなければ自ら辞めるべきですし、落選したら自分の意志とは係りなく辞めます。つまり無職となります
また、議員は生活のための給与ではなく、市民に奉仕するための報酬です。勿論、報酬からも生活もあり、各種行事や市主催の祝賀会、部隊との関係強化の繋がりなど公務として必要なかかわりは数多くあり出席します。そのための報酬だと私は思っていますし、各種勉強もしなければなりません。
私の経験から、4年に1回の選挙もあり、無職となった時のために貯蓄など絶対に無理だと思います。
ましてや、職歴があまりない若者や、お金が掛かる結婚や子育てなど若者たちが、意欲があっても議員となろうとするでしょうか?
そうすれば、議員となれるのは、長き職歴にのあった年金受給者や退職金をもらった方だけとなるのではと思ったりします。
誰でもが議員となり、将来の心配がなく安心して積極的に議員活動ができるには、無職となった時に年金の支えがあることではないでしょうか。
市民の皆様も、その様な思いで毎日勤労には励まれているものと思います。
議員は特別なものではありません。街づくりに誠意をもって取り組まなくてはいけない立場の持ち分だと思います。
恵庭市議会は、常に優秀な議員が必要です。
なり手を枯渇をしない仕組みに、この意見書は有効だと思っています。)




| 管理人 | 13:55 | comments (0) | trackback (4831) | 議会報告 |
総務文教常任委員会
昨日8日に総務文教常任委員会が開催され、「平成28年度決算財務書類」が発表されました

平成28年度決算については、先の第3定例会にて認定はされており、何ら問題はないのですが、行政の会計手法は「単年度会計の現金主義」の会計となっています

しかし、総務省から新地方公会計にするべく要請があり統一的な基準に基づき財務書類を作成したものです

通常の企業で行われています「発生主義・複式簿記」で作成されたものです
そのことにより、現金収入支出を伴わないもの(費用・収益)や資産・負債の把握が可能となり、財政状態が明確にわかる状態となります



建物・道路・設備などのすべての公共資産が金額に置き換えて示されています
恵庭市の一般会計総資産は 「1、184億6,500万円」となります
その内訳は
負債合計   「292億1,200万円」
純資産合計 「892億5,200万円」
となっています

つまり、極論ですが
ここで恵庭市を辞めます。と言って清算をするときには、借金を全て返し終わっても、892億5,200万円残っています。と言う事になります
まー、ありえない話ですが、
未来の次世代の方々のために資産を残してあります。と言う事でしょうか?

負債については、道路とか公共施設とかインフラの設備などは、現生の我々が払っていますが、これから恵庭に住み安心して公共施設の受益を得る方々にも、共にお支払いを頂きましょう。
とする考え方です。

つまり、恵庭市の財政は健全ですと言う事です

よく 恵庭市の借金は市民一人当たり幾らだと、不安をあおる論調の方もいらっしゃいますが、全く当に得ていません!
考え方は、将来の皆さんや現生の私たちで、活用し返済していくための掛かる経費費用の平準化を図るとする、個人の家計簿と違う公共の仕組みとなっています。

水道会計・下水道会計は既に、全てを企業会計の複式簿記で表しております。よって、この記載には計上されていませんのでご了解のほど




| 管理人 | 11:41 | comments (0) | trackback (x) | 議会報告::常任委員会報告 |
Prev12Next


お知らせ
春のゴミが雪の下から
春風に吹かれて空中を舞い上がっています

春の暖かさは嬉しいのですが、人間の粗が一部垣間見えるようで嫌ですね
ならば 皆でゴミを拾うのも住み良い地域づくりですね

ご協力をお願いします


「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示