Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<  2018 - 06  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

予算審査特別委員会
 残り2会派の総括質問が、17日なされました
指定管理者の選定にあたり、市税を支払っている企業団体を優先し選定すべきではないか
今受注をしている企業は、全国ネットで事業を行っており、それなりのパッケージサービスを持っている
そこと地元企業が対等に戦うのは如何か?
最初からハンディがあるのではないか、との問いに
「地元の方も、ノウハウを身に付けて欲しい」との答弁
何を言っているんだ!との思い

市立図書館は、17年間で460万人の来館者数がある
市民の要望のある「祝日開館」を、窓口の部分委託にて、対応が出来ないだろうか、との問いに
図書館協議会を開き協議するとの返答あり
中島市長は働いている方に、家族で一緒に休日を過ごさせてやりたい、だから祝日休館にしたとの返答
動物園やデパートやスーパーで働いているサービス業の方はどうなんだ?役人感覚なんだな”

 我が会派「清和会の総括質問」は
  ・市長の政治姿勢について
市民の為に、毅然としてバランスよく市政をやって、こなかったのではないか?
  ・財政健全化について
投資的事業の削減が、市民の為に本当になるのか?
職員費の削減は、行き当たりバッタリの施策ではないのか?
敬老祝い金の削減に当たり、9月15日基準日では不公平にならないのか?
融雪施設助成廃止にあたり、福祉の感覚でその精神を存続させる施策は考えているのか?
  ・緊急経済対策として
地元企業に対しての優位な受注施策は?
防音工事が、千歳市に優先的に配分されている事についての認識は?
  ・西島松北地区交流公園事業について
広域災害時の避難場所との位置づけは?
  ・恵庭駅西口周辺整備事業について
調査予算を付けなかった理由は?
  ・和光小学校の増築事業について
新設分離をすべきではないのか?

 会派会長は、13人の議員が協議を重ねた上で、代表して質問を致しました
この返答に基き、会派内で喧々諤々と怒鳴り声をたまに上げながら、夜遅くまで協議を致しました
その結果を持って、18日と23日の採決に当たります


| 管理人 | 05:00 | comments (7) | trackback (0) | 議会報告 |
予算審査特別委員会
 H21.3.16 各会派の総括質問が開始されました
歳入の大きな2本柱である、交付税と市税の落ち込みが大きく、市政に影響を与えている中、総累計滞納金額は5億5千万円である事が明らかになりました
一定の期間を過ぎて消去される、不能欠損額は19年度決算に於いて4千9百万円です
公平・公正の原則から大きくはずれた大変な事です

 和光小学校の狭隘化対策について、2会派より新設分離がなぜ出来ないのか?学校選択制・学区変更などの対応で対処出来ないのか?
鋭く質問がなされていました
17日の今日、我が会派の会長も、最終決断の為、厳しく追求致します

 水道事業会計について、毎年2億4.5千万の利益が出ており、自己資本比率は58%であり預金残高は17億弱である、よって水道料金を値下げすべしとの質問がありました
只今漁川水系と、危機管理対策として2系統にする為のシューパロ水系の水利権価格がまだ出ていず、それに大きな金額が掛かるかも知れないという予測が立つことと、H22までに石めん管の更新多額の費用が掛かる予定と答弁

私は、お金は掛かりますが、2系統の水利権を確保する事は、恵庭市民にとって危機管理として大事な事であり、次世代の為にも有意な事と考えています

| 管理人 | 08:38 | comments (0) | trackback (0) | 議会報告 |
経済建設常任委員会報告
 下水道市債が増加している事を、前回の個別質疑に続いて質しました
平成24年に迎えるピーク市債残高は、182億円とのこと、財政規律として、年間12億8千万円の事業規模で起債を7億円以内を守っていけば、適切な下水道会計がなされるとの、答弁を得ました
この様に質す事により、行政はより緊張感をもって業務にあたることができ、また私達市民は適切な数字を持つ事が出来、より正確にチェックを為す事が出来ると考えています

 地域雇用創出推進基金特別交付金 1億3千9百万円の使途を質しました
まだ決めてはいず、縛りの無いものを期待したいと副市長は述べました
恵庭千歳地区の有効求人倍率は、0.36倍・事業者都合による離職者は273人と、大変な事になっています
今までの臨時交付金のように、積み残した事業にお金を使うのではなく、抜本的に雇用が創出される事だけを狙ってお金を使いなさい
泥臭いかも知れませんが、企業が正社員として雇用をし6ヶ月を経過したならば、補助金を支給するなどの、交付金本来の目的に合った使用を決断すべき、今の景況ではそこまでの荒療治も必要ではないかと考えています

 昨年の12月に恵庭市緊急経営安定対策融資は、3月31日までの時限です
そこで利用状況を確認したところ、38件 総額1億1千万円の利用で借り入れ企業の破綻は無いとの返答でした
継続するのか?の質問に、経済状況を見ての返答
私は300万の100件を予定しておりながら、利用が思ったより少ない
必要としないのなら止めれば良いのだし、使い勝手が悪いのであれば改善すべきであろうし、しっかりと検証して頂きたいと述べました
国の施策であるセフティーネット貸付けは、104件非常に好評だと思います

 我が市における、公共事業の経済対策の為の、前倒し発注のお考えと地元企業への発注は?と質問
道路整備2千6百万円を3月中に発注、金額の規模からしておそらく地元企業に発注となる可能性が高いとの答弁を頂きました

 定額給付金支給に併せたプレミア付きエニワダ券の発行は、10%プレミア付きで1億6千5百万円の券が4月28日に発行となります

 緊急雇用創出事業交付金 H21年度 3千1百万944千円・ふるさと雇用再生特別交付金 H21年度 3千3百万406千円配分になり
人件比率75%以上、45日以上6ヶ月未満の雇用などの縛りがある事業費です
細かな積み残し事業に当てられます

 市営住宅の入居基準所得額が、月収20万円が15万8千円に下げられ、より低所得者が入居し易くなる改正です
恵庭市の平均家賃は16,000円程度だそうです
全会一致で改正が、可決されました

| 管理人 | 07:52 | comments (0) | trackback (0) | 議会報告::常任委員会報告 |
総務文教常任委員会、私は委員でないので傍聴者
 恵庭市夢創館条例の制定について審議されました
この度地域活性化・生活対策特別交付金(2千7百46万円)の費用を掛け、購入します
4月19日まで準備期間を持ち市直営で営業し、8月から指定管理者に移項する予定です
指定管理料金は、年間187万9千円以下になりそうです
金額は応募者が採算の取れる事業を提案し、それに対して必要な金額が提示となります
要するに、指定料金の上限となる金額であろうと思います

 さて恵庭の文化の殿堂として、また興行として、町内活動のコミニュティの場所として、さらに結婚式場としてなどの利用として、市財政の投入無く維持管理をしていく事を期待すると上程されました
私は、なんだか味噌も糞も一緒だな、との観想を持ちました
利益の取れる自主事業を行うのは、応募者ですが、文化の殿堂の場所として確立されることが、多額の税金を使う意義を見出す事が出来ると考えています

 芸術だけでは採算は無理かな?有名な屋台を柱に芸術を付けたら、面白くはないかな?
と勝手に考えています
ともかく、購入に賛成をした私は、持続的に目的に合った位置づけで市民に認知されて行く様、注視しようと考えています

条例制定に 賛成は「清和会」「公明党」  反対は「共産党」  審議継続は「民主党」で賛成多数で可決されました

| 管理人 | 08:39 | comments (3) | trackback (0) | 議会報告::常任委員会報告 |
恵庭市下水道事業特別会計について
平成19年度決算 171億3千7百万円
平成20年度予算 174億6千  万円
平成21年度予算 176億2千9百万円
この数字は、年度末の市債残高金額です(借金残高)

 恵庭市の下水処理の内、汚水は99.3%、雨水は98.7%の完備状況です
他市に比し、高い整備率となっており、市民への生活環境サービスには努力されています
さて、恵庭市の一般会計と特別会計の合計金額は 382億6千6百万円 です
其の中において、下水道の市債残高はとても大きい金額です

 昨年下水道使用料を値上げさせて頂きました
それにより国から平準化債を毎期1億4千万円を借りる事が出来ています
処理施設の更新・管の更新など非常にお金が掛かります
それをしなければ、市民サービスが低下します

 ただ無造作に要求があるからと、伸びていく市債残高には注視しなければなりません
一度踏みとどまり、この伸びは今の「まちづくり」の状況では、止める努力が必要だと考えています
地方自治体での命取りとなり易いのは、下水道会計です
先日の個別予算質疑にて、質しました
答弁では平成24年が市債のピークであろうとの答弁を得ました

 市街地の拡大は生活基盤の構築の為、下水道整備に多大な経費が掛かると認識しており、「まちづくり」の観点は良い事だけでは無く、大きなリスクも発生してくると考えています


| 管理人 | 07:52 | comments (0) | trackback (0) | 議会報告 |


お知らせ
6月23日(土)24日(日)10時~

道の駅周辺で「花とくらし展」が行われます

雨に当たらないように祈っています
どうぞ、お誘いのご来場お待ちしております。

「誠実な行動と実行力」
かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示