Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2019 - 06  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

「どーせ無理」の言葉をなくす条例の制定
 青年でも無いのに、知らん顔して
恵庭青年会議所主催の、「5月恵庭JCサロン」にもぐりこんで
ロケットで有名な、赤平の植松氏の話を聞いてきました

 たかが42歳の若者「植松氏」の堂々とした自信に溢れた、2時間30分の話は、聞いている我々が「自分がなんとなく其の主体者」になった様に引き込まれ、これからの人生に無理なく出来得ると感じさせたお話でした

 「失敗は成功の母」だったのが、今の社会は「失敗は即 クレーム」となり、土下座と代償としてのお金となっている
求められるものは「安い」と「早い」
その事は違うのでないでしょうか?
同感です! その通り!

 生まれた時から、あきらめ方を知っている人は一人もいないはず
ところが、社会があきらめ方を教えている、また不安をあおっている
いい学校に行って、良い所に就職をする事が、良い人生を過ごせる
言葉を変えて言えば「霊感商法」にどっぽりと浸かっている社会常識ではないでしょうか
 
 ケネディは「私達が月を目指すのは、その道が容易ではないから」と言ってアポロ計画をすすめた
楽をすると「無能」になる
楽をしてはいけません「楽しむべきです」
自分の価値は自分で決めよう
個人の可能性は永遠に広がっている

 失敗したら、出来なかったら
”だったら、こうしたら”  がキーワード!!

その前にあるのが「思うは招く」です

 恵庭青年会議所もなかなかやるじゃないですか
すばらしい講演でした
有難う御座いました

 前回に続き、教育問題を提起して頂きました
私は和光小学校の増築をも含め、子供たちの為にはどの様にあるべきかを掘り下げていく必要が出てきていると感じています
実際に私は、教育に関して全く見識も知識も持ち合わせていないのですが、子供を持った親として、PTA会長経験者として、これからお世話になる孫を持つ者として
6月議会にて議論を深めたいと考えています



| 管理人 | 06:32 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
「くにく」の策?
 「たこの皮」「たらチップ」



連休中の小旅行で、買ってきました

 富山県礪波市の組合へ、感謝の気持ちを態度で表したい
恵庭市は恵庭市で、何かを考えると思うのですが
私個人としても、と思ったわけです

 あまりメジャーではないもので、何か?
たくさんは無理ですし、悩みました

 私はお酒が好きです
そして 干し物のつまみが大好物です
そこで考えました
組合では、役員会があるだろう
役員会終了後、お酒を飲むだろう
そこで「おいしいつまみ」があれば、たとえ一袋でも二袋でもあれば、食べてもらえるのではないだろうか?

 まったく私の勝手な理論の組み立てで送ろうと思っています
チューリップの感謝の気持ちをしたためて
恵庭の名産は秋になってから

| 管理人 | 11:21 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
本場のチューリップが咲いた
 富山県砺波市から、いただいた「チューリップ」を植えました
本場の産地から頂いた物です



 緑のジャンバーを着ている方は、花による美を「こよなく愛されている」シルバーセンターの方達です

 恵庭駅黄金側広場です
一回植えたのを盗られてしまったと、富山県の新聞に載り、チューリップを愛してくれている恵庭市民へ、あげたいと富山県砺波市の球根組合の方が送ってくれたものです

 昨今いろいろな事が起き、行く末を案じる所ですが、なかなか日本は意外と捨てたものではないじゃないですか!
日本人のハートは素晴らしいではないかと、感じます

 不平不満は口にすれば、山ほどありますが、しかし誰も集まってはくれません、ただ小人の衆ではないでしょうか
自分の出来る事で、[自分のハートに感じた事を何かしてあげたい]としたことが、皆が喜びを感じ其の事に協力の輪が広まっていく、とても感じ入る出来事であったと思いました



| 管理人 | 09:57 | comments (2) | trackback (0) | 雑記 |
鯉のぼり
 雲より高い 音符「鯉のぼり」



 孫たちです
じいちゃんバカをやっています

最近あまり、なびいている鯉のぼりは見なくなりましたネ
日本人の伝統であろうと思う「ひな祭り」「節句」は大事に伝承させていきたいと、思っています

すこやかに・げんきで育って欲しい
「じじ」 と 「ばば」の願いです


| 管理人 | 08:51 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
夢発見ワークショップ
 恵庭青年会議所 4月例会 「夢育みプロジェクト」に参加して来ました



 パネルディスカッション方式で
パネラーは NPO法人キーパーソン21代表 朝山あつこ氏・島松小学校校長・島松小学校PTA副会長・恵庭青年会議所理事長
コーディネーターは(ここが一番大事なところです、パネルディスカッションを生かすのも殺すのもコーディネーター次第です)恵庭青年会議所「心に残るふるさと創造委員会委員長でした
本筋から逸れず、パネラーに考えている事を自由に話させる事が、難しいけれども大事な所です
とてもうまく上手にいっていました

  「子どもたちの笑顔があふれる恵庭」
にするために、地域の大人が出来ること、について深めていった話題でした
子供たちの成長過程の変化と、社会的背景の変化とがマッチングしていないのではないか?
この様な事では、何かの環境が整備されてこないと
「反社会的」「反道徳的」な人間が増加し、そうして育った子供が大人となり子供ができ、その様な事が正常であると言う価値観になってしまうのではないか
なにか意図的に変化をさせて行く必要があるのではないか
と導き出されました

 子供が3人の大人と出合って、より成長する
一人目が「親」
二人目が「学校・クラブ等」
三人目が「地域の大人」



 その三人目に私達はなりたいし、子供たちの為に地域の大人達をより巻き込みたい
との訴えと理解しました

 その第二段として、夢発見ワークショップ「夢教室」を 9月に島松小学校と若草小学校で開講するそうです
子供たちは「本物にとても敏感」そして「憧れ」を持っている
プロサッカー選手が人間としての、人生を語るそうです

 地域に於ける連帯感の欠如と人間関係の気薄さに、若者達が警鐘をならしてくれたのであろうと感じました
私、町内会長をやっていて、特に感じており、改めて人間的に温かみのある町内会にするべく努力したいと自分に誓いました

 さてこの三人の大人の中に、行政はどの様に係わるべきなのか
ハードの部分は理解できるが、ソフトの部分はハタシテ?
市民協働と言う美名なのか?

 私は、文化省に全てを任せず、恵庭の子供たちを育てるのはこうだ!!
と教育長はじめ教育委員会がぶち上げるべきだと思うが


 今回の例会には、教育長はじめ、おもにソフトの部分を任されている教育委員の方は一人もいなかったなー
ハードの部分を担当する、生涯学習部長は参加していましたが



| 管理人 | 15:16 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |


お知らせ
新会派結成

恵庭市議会 自民党

「恵義会」

会是

 私たちは、人として議会人としての条理に従い、公共に汗を流すことを第一義とする政策集団である。




かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示