Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2021 - 12  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
BlognPlus
DESIGN BY
BlognSupport
SUPPORT BY
http://urubesa.com

えにわんチケットプレミアム
お得な商品券の販売が始まっています

チケット購入引換券をお忘れなく




| 管理人 | 08:17 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
まん延防止等重点措置
残念無念 

まん延防止等重点措置が、9月の12日(日)までと延期となってしまいました

8月31日まで我慢をすれば、9月から夜の街の経済活性化の一助になるよう協力しようと思っていたのですが

本市恵庭市に於いても、
7月18日~24日の1週間に、新規感染者 5名
7月25日~31日の1週間に、新規感染者 12名
8月1日~7日の1週間に、  新規感染者 19名
8月8日~14日の1週間に、 新規感染者 33名
と増加傾向にあり、やむを得ない処置でしょう

先ずは、この増加傾向は止めなくてはいけません

みなさんで協力し、この措置を確実に守っていく事が大事です
もう少し、我慢をしましょう

何時までもダラダラと引き続かぬようビシーと我慢です!!




| 管理人 | 09:35 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
新型コロナウイルス感染症対策
北海道におけるまん延防止等重点措置に

適用期間 8月14日~8月31日

の間、札幌に加えて石狩管内と小樽市を措置地区となりました

要請内容は
飲食店等への営業時間を5時から20時迄、酒類の提供は行わない
栄恵町のテラス営業の酒類の提供を止めてもらうよう要請する
同じく、屋外イベントの酒類の提供についても止めて頂くよう要請する

要請・協力依頼の記載事項を満たさないチケットの新規販売は停止

学校への要請は、活動場所は自校に限定。大会参加も校長の判断で合宿等の泊りを伴う活動は自粛。公共施設は原則休館

措置地域への、不要不急の往来を控える。

体育屋内施設は、一般開放は行わない
体育屋外施設は、市民に限定して利用させる

憩いの家は、高齢者限定の市民のみの利用

道の駅・かのなは、制限を掛けられない。感染対策を充分に行って開館したい

市民会館等は、市民限定で予約を受け付ける。市外の方から既に予約が入っているものについては感染対策を徹底したうえで使用を認める。

図書館は、市民限定で開館する。密になるようであれば入場制限も視野に入れる。

学校について、宿泊学習、修学旅行の予定は延期したい。中体連の新人戦の予約済みの行事であり、事務局と充分に協議して実施の可否を決めていく。

ライトアップや繁華街の屋外広告などについて、20時以降夜間消灯する。

飲食店等への支援金
8月14日~31日までの全期間(18日間)協力の場合

1店舗当たり54万円~180万円の支援金

大企業は、1店舗当たり最大360万円までの支援金

このようなことが再び無きようワクチン接種へ完了して頂きたい
お願いします







| 管理人 | 12:16 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
経済建設常任委員会
恵庭市街路灯LED化事業について報告がありました

防犯灯は既にリースによるLED化はされていますが、道路を照らすナトリウム灯や水銀灯1,977灯についてリースによるLED化へ交換することとなります

令和4年1月1日~令和13年12月31日の10年間の維持管理費を含む包括リース契約料は、326,040,000円の事業費となります

この事業による経費削減は
1年間で比較しますと 電気料金3,460万円+維持管理費500万円 =合計3,960万円の掛かっていた費用が、すべて含めて647万円の電気料金だけとなります

差し引きしますと、従来の1年間の掛かっていた費用より3,313万円の費用が削減されることと報告がありました

大きな費用の削減です
それよりも地球温暖化に大きく寄与していく事もメリットとして見逃すわけにはいかないと思っています

前向きの恵庭市の事業だろうと考えています







| 管理人 | 10:07 | comments (0) | trackback (0) | 議会報告::常任委員会報告 |
経済建設常任委員会
昨日 私が所属する経済建設常任委員会が開催されました

農産物のかぼちゃ・稲・春まき小麦・大根の作況調査をしてきました
雨不足により若干小粒の生育状況です
作況としては予定よりプラスの材料が見込まれているとのお話しでした

良かったと思いました。これからの台風の来ない雨に期待をしたいところです

また、私から新型コロナウイルス感染症に関わる経済対策について
小規模事業者向けコロナ対策融資(マル経融資)の500万円までの3年間に関わる利子補給支援制度の利用は、4月21日から本日の8月3日までの間、利用者は2件との報告でした

市や商工会議へ資金繰りの相談が100件以上~200件を超える相談があるとのこと、
何故、利息補填が伸びないのか?
利息補填は500万を限度としているが、現状の利用者は500万円以上を借り換え、制度に基づき1000万円までとなっている実態が多数あるとお聞きする
利息補填の限度を、1,000万円までに拡大できないか?と質しました

答弁は、限度は500万円までとして頂き、超えた分の借り換えは別の制度の利用をお願いしたい
そのことの細部は後に報告するとの答弁を頂きました

また、とても使い勝手のいい経営安定資金融資(新型コロナウイルス緊急小口対応資金)の利用数が、なんと0件!!
どうして利用者がいないのか
周知が足りないのではないか!と質しました

確かに周知が不足しているようなので窓口である銀行へ、周知についてお願いをします。との答弁でした


先ほど経済部担当者から仔細について経済建設常任委員会へ報告が下記の様にありました

○マル経融資(小規模事業者経営改善資金)
マル経融資は日本政策金融公庫の融資制度で、商工会議所や商工会などの経営指導を受けている小規模事業者の商工業者が、経営改善に必要な資金を無担保・無保証人で利用できる制度です。
 
【経緯】
市では新型コロナウイルス感染症に係る経済対策の1つとして、日本政策金融公庫の融資制度であるマル経融資を市内事業者が活用した場合、融資額上限500万円までの利子について3年間利子補給しているところです。


【質問】
現在マル経融資で500万円まで市での利子について3年間利子補給をしているが、利子補給の上限を1,000万円まで拡大はできないのか。


【回答】
現在市では経営安定資金(新型コロナウイルス緊急小口対応資金)として事業展開し、利子補給及び保証料の補給しているところでありますが、マル経融資の利子補給をただちに拡大実施することは財政的にも厳しいと考えております。
日本政策金融公庫で実施している「新型コロナウイルス感染症特別貸付(実質的な無利子化であり利子については中小企業基盤整備機構が負担)」制度等に借り換えを行うことでの対応をお願いしたいと考えております。


この報告で私も納得できました
恵庭市議会議員としては、少しでも市の財源負担を軽減でき市内企業の益となる制度があれば、是非それを勧めて頂きたいと思います

また、もう一つの融資制度はコロナ禍で売り上げに苦しんで15%以上落ち込んでいる小規模企業者の方にとても有利な制度です
もしよければ、銀行へこの制度融資について相談されるのもコロナ禍を乗り越えられる手段の一つではないでしょうか?

参考になれば大変うれしいです









| 管理人 | 10:11 | comments (0) | trackback (0) | 議会報告::常任委員会報告 |


お知らせ
新会派結成

恵庭市議会 自民党

「恵義会」

会是

 私たちは、人として議会人としての条理に従い、公共に汗を流すことを第一義とする政策集団である。




かわはら光男 アドレス
kawahara@ikiiki.org
NEW ENTRIES
COMMENTS
  
保留中コメント:128件
TRACBACKS
LINKS
ランダム表示